(株)全音楽譜出版社

モーツァルト ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調 K.219

商品情報にスキップ
1 Translation missing: ja.general.slider.of 1

(株)全音楽譜出版社

モーツァルト ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調 K.219

通常価格 1,980 (税込)
通常価格 セール価格 1,980 (税込)
セール

icon 【3/21(木)15時まで】990円以上で送料無料

残りわずか
通常翌営業日出荷
1775年ザルツブルクで19歳のモーツァルトが、生涯この時期にだけ短期間に集中して作曲した5曲のヴァイオリン協奏曲の中でも、特に3番、4番、5番は広く愛好されています。またヴァイオリンを本格的に勉強する人にとって避けて通ることのできないコンチェルトで、特に音楽大学をヴァイオリンで受験しようという人は、この中のどれか1曲をマスターする必要があるでしょう。
この「第5番」は、自筆譜に立脚して現在考え得るモーツァルトの演奏法と解釈を示した楽譜です。若くしてヨーロッパで研鑽し、ベルリンを中心に演奏活動した豊田耕兒が、その演奏家としての豊富な経験、および作品に対する熱意ある研究に基づいて、指導者としての視点でまとめています。カデンツァは全楽章ヨーゼフ・ヨアヒム作を収録。またピアノ伴奏譜(スコア)のソロ・パートでは、モーツァルトの自筆譜が転写されていますので、作曲家が書いたオリジナルに立ち戻って勉強したい人には、非常に価値のある資料となることでしょう。

商品詳細

発売日 2006/4/20
JAN 4511005059307
ISBN 9784113032059
楽器 ヴァイオリン
1 / 8