㈱エー・ティ・エヌ

ジョージ・ラッセル リディアン・クロマティック・コンセプト

商品情報にスキップ
1 Translation missing: ja.general.slider.of 1

㈱エー・ティ・エヌ

ジョージ・ラッセル リディアン・クロマティック・コンセプト

通常価格 14,300 (税込)
通常価格 セール価格 14,300 (税込)
セール

icon 3,300円以上で送料無料

取り寄せ
目安:7~14日
ジャンルを問わず多くのミュージシャンに支持されているジョージ・ラッセル。
彼が長年提唱し続けているリディア概念と、妥協を許さない彼の音楽哲学が、
ここにすべて明らかになる。

この理論は、Tonal Gravity(調性引力)という考えに基づいている。 どのような音楽も、突き詰めれば必ずそこには確固たる調性組織(スケールとハーモニー)が存在し、 その中心であるTonal Center(調性中心)によって支えられている。この絶対中心に対する調性上の遠近関係がTonal Gravityであり、音楽はこのGravityの度合いや種類によって様々に形を変えていくという概念。 この理論を学ぶことによって、専門家のみならず音楽を広く愛する人々がジャンルのことなる音楽を同じ尺度で理解し、創作することができる。

チャーリー・パーカー/ギル・エバンス/J.S.バッハ/ストラヴィンスキーなどの天才ミュージシャン達は、この理論を知らずとも優れた才能によってこれらを既に実践してきました。また、日本の誇る作曲家、武満徹もこの理論を偉大な功績と絶賛しています。

この理論はマイルス・デイヴィスやジョン・コルトレーン、ビル・エヴァンスなどに多くの影響を与え、モード・ジャズ誕生のきっかけとなり、現在もジャズのみならず、幅広く影響をおよぼしています。

商品詳細

発売日 1998/12/1
JAN 4537298030724
ISBN 9784754930721
楽器 書籍