リコーダーJP

リコーダーピース G.フィンガー アルトリコーダーソナタ 変ロ長調 作品3-6

商品情報にスキップ
1 Translation missing: ja.general.slider.of 1

リコーダーJP

リコーダーピース G.フィンガー アルトリコーダーソナタ 変ロ長調 作品3-6

通常価格 1,980 (税込)
通常価格 セール価格 1,980 (税込)
セール

icon 3,300円以上で送料無料

残りわずか
通常翌営業日出荷(取り寄せの場合は目安7~14日)
★冊子
・スコア冊子(曲目解説、アルトリコーダー運指表つき) 12ページ
・別冊リコーダーパート譜 4ページ

★付属CD 内容
(1)各楽章の伴奏
(2)伴奏にリコーダー演奏を合わせた演奏例
(3)各楽章につき(1)と異なるテンポによる伴奏をいくつか収録
(4)上級者向け「バロックピッチ(A=415Hz)」による伴奏
※チェンバロ伴奏演奏はすべて石田誠司(デジタルサンプリング音源使用)

★収録曲の難易度(指回り難度)
第1楽章 B3
第2楽章 C1
第3楽章 B1
第4楽章 C1

★解題★

 フィンガーの「作品3」はアムステルダムのロジャーが出版した楽譜が残っていますが、いつごろ出版されたかはわかっていません(一説には1701年ごろ)。題名にははっきりと「DIX SONATES a 1 Flute & Basse Continue」とありますので、リコーダーと通奏低音のためのソナタです。比較的やさしく演奏できる、比較的短いソナタ10曲が収録されています。

 中期バロックの香りを残すスタイルで、和声にも後期バロックとは少し違う雰囲気があります。


★解説★

たいへん小粒ですが引き締まった佳品です。

 第1楽章は、アダージョ(ゆっくりと)、4分の4拍子です。ていねいに歌っていくとじつに気持ちがよく、凝縮された上質の音楽であることがわかります。最後の2小節では、なにか即興的なフレーズを演奏してもよいのでしょう。

 第2楽章はアレグロ(快活に)、4分の4拍子です。広い音域にまたがる晴朗なテーマを提示したあと、しだいに細かなリズムに移っていきながら自由に音楽を進めます。「アルベルティ・バス」の音型も登場したあと、収束に入ると、分散和音の鮮烈な一閃が強い印象を残します。

 第3楽章はヴィヴァーチェ(生き生きと)、2分の3拍子。ほぼ、拍通りの単純なリズムに終始しますが、後半の強引な転調は独特です(変ロ長調→ハ長調→ト短調でしょうか)。

 第4楽章はプレスト(速く)、8分の6拍子で、記載はありませんがジークなのでしょう。前半4小節・後半8小節という構成の、ごく短い終曲です。少しゆっくりめに演奏してバランスをはかるもよし、ことさら速く演奏して「あれ、もう終わり?」感を楽しむも良し。

■リコーダーによる演奏
第1楽章(B3)
第2楽章(C1)
第3楽章(B1)
第4楽章(C1)

※カッコ内は指回り難度です。
※リコーダー演奏:石田誠司  伴奏演奏: 石田誠司

収載曲

[1] ソナタ 変ロ長調 作品3-6
  作曲: G.フィンガー
  編成: アルトリコーダー

商品詳細

発売日 2019/10/1
ページ数 12
JAN 4571325248423
ISBN 9784862668493
楽器 リコーダー
1 / 8