リコーダーJP

RP マンチーニ アルトリコーダーソナタ 第11番

商品情報にスキップ
1 Translation missing: ja.general.slider.of 1

リコーダーJP

RP マンチーニ アルトリコーダーソナタ 第11番

通常価格 1,980 (税込)
通常価格 セール価格 1,980 (税込)
セール

icon 3,300円以上で送料無料

残りわずか
通常翌営業日出荷(取り寄せの場合は目安7~14日)
★冊子
 ・スコア冊子(曲目解説、アルトリコーダー運指表つき) 16ページ
 ・別冊リコーダーパート譜 4ページ

 ★付属CD 内容
  (1)各楽章の伴奏
  (2)伴奏にリコーダー演奏を合わせた演奏例
  (3)各楽章につき(1)と異なるテンポによる伴奏をいくつか収録
  (4)上級者向け「バロックピッチ(A=415Hz)」による伴奏
   ※チェンバロ伴奏演奏はすべて石田誠司(デジタルサンプリング音源使用)

 ★収録曲の難易度(指回り難度)
  第1楽章 B3
  第2楽章 C2
  第3楽章 B2
  第4楽章 C1
  
★解題★

 マンチーニの「リコーダー(またはヴァイオリン)と通奏低音のための12のソナタ」は1724年にロンドンで出版されました。スカルラッティの下で働きながらも作曲家としてもっとも充実した時期に書かれた作品とあって、まんまんたる意欲がみなぎり、内容的に充実した、すばらしい作品集となっています。

 リコーダーのための多数のバロックソナタの中にあっても、激しい転調を駆使して濃厚な情緒をかもし変幻自在の表情を見せるマンチーニのソナタは、欠かすことのできない大切なものだといえるでしょう。

★解説★

 4楽章から成り、緩・急・緩・急の構成です。フラット1つの五線譜に書かれていますが、ト短調(フラット2つ)の曲です。

 第1楽章はウン・ポコ・アンダンテ(ややアンダンテに)4分の4拍子。緩徐な音楽ではありますが、ややあっさり目のテンポなのでしょう。後半、シンコペーションが新鮮な印象を与えます。

 第2楽章はアレグロ(快活に)、8分の3拍子。フーガふうに音楽が進み、ストレッタ(テーマの間隔を詰めて急迫感を出す技法)まで用いられます。

 第3楽章はラルゴ(ひろびろと)4分の4拍子。変ホ長調(本来はフラット3つ)なのに依然としてフラットひとつで書かれているため、臨時記号の多い楽譜です。比較的安らかな感じで進んだあと、最後は急速に短調の雰囲気になり、フリギア終止で4楽章へ続きます。

 第4楽章は再びアレグロで、4分の4拍子が指定されていますが、むしろ2分の2に感じて演奏すべき、極めて快速な音楽だと思います。雄大な気宇の音楽で、この楽章でも後半にシンコペーションが効果的に用いられています。
 
F. マンチーニ

~~ナポリ楽派の俊英~~


★アレッサンドロ・スカルラッティの好敵手★

 フレンチェスコ・マンチーニ(1672年~1737年)は、ナポリに生まれナポリに没した作曲家です。当地で重きをなしていたアレッサンドロ・スカルラッティの地位(宮廷礼拝堂楽長)を虎視眈々と狙っていたようで、スカルラッティがローマに移った留守中に頭角をあらわしました。しかしのちにスカルラッティがナポリに戻ると、再びその下で働かざるを得ませんでした。スカルラッティの死後は後任として活躍したとはいえ、結果的にはつねに先輩・スカルラッティの後塵を拝さざるを得なかったマンチーニ。スカルラッティがそれだけ偉大だったということでしょうか。

 多数のいろいろな宗教曲のほか、29曲のオペラ、7曲のセレナータ、12曲のオラトリオ、200曲を越す世俗カンタータを残しました。器楽曲はあまりたくさん書かなかったようです。しかしその中に12曲のリコーダーソナタ(1724年)と24曲の室内協奏曲(リコーダーと2つのヴァイオリンと通奏低音という編成 1725年)が含まれており、いずれもよく演奏されるレパートリーになっています。


★急減な転調の多い劇的なスタイル★

 マンチーニらが属した「ナポリ楽派」の曲は、予期せぬような転調の多い劇的な表現に特徴があるとされ、マンチーニのソナタにもそういう傾向がみられます。しかし、それだけではなくて、旋律性がゆたかで規模も大きな堂々たる作風です。   

収載曲

[1] アルトリコーダーソナタ 第11番
  作曲: マンチーニ

商品詳細

発売日 2020/6/1
サイズ A4
ページ数 20
JAN 4571325249246
ISBN 9784862668080
楽器 リコーダー
1 / 8