リコーダーJP

RP J. B. ルイエ アルトリコーダーソナタ 第21番 作品2-9

商品情報にスキップ
1 Translation missing: ja.general.slider.of 1

リコーダーJP

RP J. B. ルイエ アルトリコーダーソナタ 第21番 作品2-9

通常価格 1,980 (税込)
通常価格 セール価格 1,980 (税込)
セール

icon 【3/21(木)15時まで】990円以上で送料無料

残りわずか
通常翌営業日出荷
★解題★

 J.B.ルイエ(1688?~1720頃?)の「リコーダーと通奏低音のための12のソナタ 作品2」は、1700年代の早いころ、作品1につづきアムステルダムで出版されました。作品1から数年の歳月を経て、親しみやすく清新な作風にはいっそうの磨きがかかっています。

  ※どうも作品の出版年についていろんな文献の説がばらばらなのでこのような申し上げ方をすることにします。なお,ルイエは1688年に洗礼を受けた記録があるそうですが、これが生年だとすると、そして作品1の出版年を1705年とする説が正しいとすると、作品1は弱冠17歳での出版ということになります。


★解説★

 4つの楽章から成り、緩・急・緩・急の構成です。小規模ですが、モチーフの統一性も効いて、きりりと引きしまったすぐれた作品です。

 第1楽章はラルゴ(幅広く)4分の4拍子。音階で始まるメロディーは、何でもないようですが、心に染みてくる味わいを持っています。フレーズが半端な拍から始まるようになる箇所が多くなっているのが特徴のひとつかも知れません。

 第2楽章はアレグロ(快活に)、4分の3拍子。かなり速いテンポが合うでしょう。音階で始まるテーマは第1楽章のテーマに由来しています。

 第3楽章はアダージョ(ゆっくりと)で、4分の4拍子。変ロ長調に明るみ、ルイエらしい親しみやすく歌謡性に富むメロディーです。テーマはやはり1・2楽章との関連を強く持っています。

 第4楽章は8分の12拍子のジーグで、アレグロと指定されています。リズミカルで、しかもここちよく鳴りわたるメロディックな味わいは、ルイエの独壇場です。

収載曲

[1] 第1楽章
  グレード:  B2
[2] 第2楽章
  グレード:  C1
[3] 第3楽章
  グレード:  B2
[4] 第4楽章
  グレード:  B3

商品詳細

発売日 2023/2/1
サイズ A4
ページ数 16
JAN 4571325251980
ISBN 9784867670781
楽器 リコーダー
1 / 8