カワイ出版

松下耕 女声合唱とピアノのための わたしの樹

商品情報にスキップ
1 Translation missing: ja.general.slider.of 1

カワイ出版

松下耕 女声合唱とピアノのための わたしの樹

通常価格 1,870 (税込)
通常価格 セール価格 1,870 (税込)
セール

icon 【3/21(木)15時まで】990円以上で送料無料

残りわずか
通常翌営業日出荷
合唱指揮者古橋富士雄氏の古希を記念したN.F.レディースシンガーズの委嘱作品。詩も書き下ろしである。
指揮者と40年来の知人である詩人は、《樹》を指揮者、《わたし》を合唱団のメンバーや《樹》を取り巻く様々のものと捉え、それを普遍的な言葉に変えて表現している。《わたし》である渡り鳥が《樹》の懐で生まれ、《樹》の声に励まされながら試練を乗り越え帰ってくるストーリーを、音楽が共感を持って包み込み、とても暖かいものとなっている。全4曲。

<まえがき>

 敬愛する指揮者、古橋富士雄先生と、N.F.レディースシンガーズの皆さんが、私に組曲を書かせてくださいました。
 贅沢なことに、今回は、歌詩もこの組曲のための書き下ろしです。
 詩を書いてくださったのは、平成10年度NHK全国学校音楽コンクール・中学校の部の課題曲の制作でご一緒させていただいた、蓬莱泰三先生です。再び、蓬莱先生とお仕事が出来ることを、大変嬉しく思いつつ、幸せを感じつつ作曲したのでした。
 古橋先生とは、長年の名コンビでいらっしゃる蓬莱先生の詩は、初演指揮者と合唱団の絆を、見事に描いています。愛と信頼で結ばれた、長い年月を経ようとも揺るぎない人間の強固な絆は、当事者でなくとも心を動かされるものです。そして、その姿は、多くの合唱団と指導者の関係と、その姿を重ねられることでしょう。
 つまり、この組曲は、合唱団讃歌なのだと思っています。
 蓬莱先生の、合唱音楽への理解と愛情が、ぎっしり詰まっていると思います。
 
 さて、その蓬莱先生は、大変残念ながら、この楽譜が出版される前年の2018年11月に、惜しまれつつ天に召されました。出版されたこの楽譜を、先生にもお見せしたかったです。そのことが、とても悔やまれます。しかし、初演から4年半ほどの歳月を経て、こうして出版されたことは、先生もお喜びになっているのではと思います。
 先生が世に出された、合唱曲やテレビドラマは、いつまでも私たちの胸にとどまり、感動を呼び戻してくれる、素晴らしい作品ばかりです。改めて、感謝を申し上げたいと思います。

松下 耕

収載曲

[1] たまごの中
  作曲: 松下 耕
  作詞: 蓬莱泰三
  編成: 女声
  グレード: 中級
[2] 空へ
  作曲: 松下 耕
  作詞: 蓬莱泰三
  編成: 女声
  グレード: 中級
[3] あらし
  作曲: 松下 耕
  作詞: 蓬莱泰三
  編成: 女声
  グレード: 中級
[4] ただいま
  作曲: 松下 耕
  作詞: 蓬莱泰三
  編成: 女声
  グレード: 中級

商品詳細

発売日 2019/6/1
ページ数 52
JAN 4962864925706
ISBN 9784760925704
楽器 合唱
1 / 8