㈱シンコーミュージックエンタテイメント

ROCK JET/ロックジェット Vol.78

商品情報にスキップ
1 Translation missing: ja.general.slider.of 1

㈱シンコーミュージックエンタテイメント

ROCK JET/ロックジェット Vol.78

通常価格 1,430 (税込)
通常価格 セール価格 1,430 (税込)
セール

icon 3,300円以上で送料無料

取り寄せ
目安:7~14日
巻頭特集 1969
ビートルズ《アビイ・ロード》とローリング・ストーンズ《レット・イット・ブリード》

インタヴュー
モーガン・フィッシャー
ソーホーの通りでジョンの車を見かけたりすると、ああ、僕はビートルズの時代の中にいるなあ、ここにビートルズがいるんだなあと、とても幸せな気持ちになりましたね。当時、ロンドンはビートルズの街だったのかもしれません

立川直樹
1969年に尖っていたもの

油井大三郎
GIVE PEACE A CHANCE 平和にチャンスを
ベトナム反戦運動とは何だったのか

廣田龍人
ビートルズを追い求めて

板屋宏幸
[追悼]ビーター・フォンダ
1969年の永遠の自由、映画『イージー・ライダー』について

〈アイ・ウォント・ユー〉から見た《アビイ・ロード》論

世界最高の長男、ジョン・レノン

いまも《アビイ・ロード》と《レット・イット・ブリード》は、若者の無垢な魂とロックとの出会いを準備してくれている

1969年のローリング・ストーンズとビートルズ
《レット・イット・ブリード》と《アビイ・ロード》全曲解説

特集/GLEN MATLOCKとEARL SLICK
グレン・マトロック [インタヴュー]
新しいバンドの試みと、1969年について

アール・スリック [インタヴュー]
ジョン・レノンは最初のパンクだよ

流賀良志彦(イージー・ウォーズ)
ローリング・ストーンズ『ロックンロール・サーカス』を観る

這ってでも観たかった! [FUJI ROKC FESTIVAL’19観戦記]
この秋公開、映画『イエスタデイ』がくれる不思議な幸福感
『ブリッジズ・トゥ・ブレーメン』は1990年代のローリング・ストーンズの到達点だ
[祝 KISSジャパン・ツアー] 地獄の業火に焼かれたい!
[ウィークエンドカフェ Vol.13] 1970年代の浜田省吾、再び
レッド・ウォーリアーズの「“SWINGIN’DAZE”21st CENTURY」を観た

商品詳細

発売日 2019/10/16
ページ数 176
ISBN 9784401648436
楽器 雑誌・ムック
1 / 8