㈱リットーミュージック

キーボード・マガジン DVD&CDでよくわかる!はじめてのキーボード

商品情報にスキップ
1 Translation missing: ja.general.slider.of 1

㈱リットーミュージック

キーボード・マガジン DVD&CDでよくわかる!はじめてのキーボード

通常価格 2,200 (税込)
通常価格 セール価格 2,200 (税込)
セール

icon 3,300円以上で送料無料

残りわずか
通常翌営業日出荷(取り寄せの場合は目安7~14日)
内容
定番入門書のキーボード版、ついに登場!
入門者、初心者から「いちばんわかりやすい」と評判の'DVD&CDでよくわかる!'シリーズに、キーボード編が登場です。大きな文字と写真による親しみやすい紙面、しかもフルカラー! 文字や写真だけでは理解しづらい部分はDVDで学べます。さらに日々の練習に役立つCD付き。

このような立体学習により、はじめてキーボードを手にする人も無理なくステップアップできます。数々の楽器専門誌を手がける音楽専門出版社、リットーミュージックならではの信頼度と内容と言える内容です。巻末には人気曲のスコアも掲載。

【本の内容】
■Part.1 キーボードを弾く前に知っておきたいこと
1 シンセサイザーとキーボードの違い
2 最初に覚えておきたい名称
3 さまざまな鍵盤楽器&音源部
4 キーボードでできること
6 はじめてのキーボードを選ぼう
7 周辺機器&アイテムをチェック!
コラム:楽器店の上手な利用法、付き合い方

■Part.2 音を出してみよう
1ヘッドフォンorアンプにつなごう
2 キーボード内蔵の音色を鳴らしてみよう
3 代表的な4つの音色で弾いてみよう

■Part.3 音色別! 練習フレーズに挑戦
1 ピアノの音色による練習フレーズ集
2 エレピの音色による練習フレーズ集
3 オルガンの音色による練習フレーズ集
4 ブラスの音色による練習フレーズ集
5 SAW系の音色による練習フレーズ集
6 パッド系の音色による練習フレーズ集
7 ストリングスの音色による練習フレーズ集

■Part.4 コードを学ぼう!
1 アルファベットでの音名表記
2 コードの書き方と構造を知ろう
3 代表的な5つのコードと表記法
4 前項目以外のコードを押さえよう!
5 コード進行だけの譜面を知ろう!
6 バンド譜の読み方
コラム:コード譜についてもっと詳しく!

■Part.5 バンド練習で必要になる知識
1 バンドで曲の練習をはじめる準備!
2 バンド練習をしに行こう!
3 スタジオのPAにつなぐポイント

■Part.6 音を変えてみよう
1 音を変化させる機材の種類
2 オーバードライブ/ディストーション
3 コーラス
4 フェイザー/フランジャー
5 ディレイ
5 リバーブ
7 音を重ねる1:ピアノ+ストリングス
8 音を重ねる2:グランド・ピアノ+エレピ

■巻末資料
コード・ブック
バンド用語集

■ピアノ・アレンジ譜
「Lemon」米津玄師

■キーボード・スコア
「プロミスザスター」BiSH

■バンド・スコア
「丸の内サディスティック」椎名林檎
「シュガーソングとビターステップ」UNISON SQUARE GARDEN
「ときめきエクスペリエンス!」Poppin’ Party

著者プロフィール
成瀬 正樹(なるせ まさき)
ギタリスト/アレンジャー/楽器系ライター。学生時代よりギターを始め、大学卒業後よりテレビ・コマーシャル、企業PVなどの音楽制作に携わるようになる。そのほか映像作品の音効、譜面の作成などさまざまな音楽業務をこなしている。現在は音楽専門学校の講師、プライベート・レッスンなどを行ないつつ、ギター・マガジンを始めとする楽器専門誌にて演奏の指南、楽器・機材のレビューも担当。ポップスからヘヴィメタルまで幅広いジャンルをカバーし、また柔らかい口調とわかりやすい解説は読者からの支持も高い。おもな著作物は、『ギター・マガジン スケール活用レシピ』、『ギタリストのための音楽理論塾』、『ゲーム音楽でみるみる上達ギター・テク!』、『決定版 ギター・スケール・スタイル・ブック』、『究極コード図鑑』、『はじめてのコード・ブック[ギター版]』(すべて小社刊)など
◎成瀬正樹オフィシャルWebサイト→ttp://www.remus.dti.ne.jp/~m-naruse/

編集担当より一言
ピアノ経験者なら、バンド活動している友人から「うちのバンドでキーボードを弾いてよ」と声を掛けられたことがあると思います。そんな人がキーボードをはじめるにあたり、戸惑う項目をわかりやすく解説したのが本書です。機材や音色のノウハウ、演奏面、ポピュラー音楽特有の記譜法など、できるだけ専門用語を使わずに解説しています。

またキーボーディストは、バンド・メンバーから無茶振りをされることも多いんですね。例えば、レコーディングされた音源は2台以上のキーボードで演奏されていることが多々あります。
しかし、バンド・メンバーは当たり前のように「ひとりで何とかして!」と言ってくるわけです。そんな時にどうしたらいいのかなども解説しています。ぜひピアノ経験者は本書を見てみて下さいね。キーボードを弾くか別にして、興味深い内容になっていると思いますよ。(第2編集統轄部/額賀正幸)

商品詳細

発売日 2019/2/1
サイズ 菊倍判
ページ数 128
ISBN 9784845633128
楽器 ピアノ