(株)シンフォニア

ヴァイオリンを語る ユーディ・メニューイン/著

商品情報にスキップ
1 Translation missing: ja.general.slider.of 0

(株)シンフォニア

ヴァイオリンを語る ユーディ・メニューイン/著

通常価格 4,400 (税込)
通常価格 セール価格 4,400 (税込)
セール

icon 【3/21(木)15時まで】990円以上で送料無料

取り寄せ
目安:7~14日

●ヴァイオリンを語る 付;ヴィオラ奏法 メニューインプリムローズ著 内田智雄訳
まえがき
楽器(文:ヴァテロ)
第1部 ヴァイオリン1メニューイン
第1章 ヴァイオリンとヴァイオリニスト:ヴァイオリンとヴァイオリニストのブラトニックな関係;
    空間と感覚一ヴァイオリニストとその身体2
第2章 ヴァイオリニストの準備:身体の準備:運動;リラックスすること;会事:体操の方法;呼吸運動:心の準備
第3章 基本的なこと:バランスと動きの一致:身体を一体としてとらえる;手首と指親指
    肩:持ち方一左手;持ち方一右手;弓を持つ手;感覚を磨く:姿勢とボーイング;ウ
    ォーミングアップ
第4章 テクニック:目標:よくやる間違い:振り子運動:簡単な振り子運動:水平の振り子連動;
    全身のスイング:ヴァイオリンと弓を持ってする練習;左手:左手の練習:指の運動
    シフトヴィイブラートトリル;左手をさらに鍛える;ダブル・ストップ(重音):和音;
    縮習する時に:右手の指の練習;アップボー;右手の軽さとバランスを磨くために非常に効果的な方法:
    左手の同調;左腕と右腕の高さの違い:フォロースルーポインクの練習';ヴァイオリンをひく時の3
    つの基本的ストローク:短いマルテレ短いデタシェ;なめらかなストローク;ボーイングの圧力;
    ストリング・クロッシングとバウンドの練習;ボーインダの長さ:特殊なストローク:マルテレスタッカート
    ポルタートヴィブラート;よいボーイングの腕をのばす:リテイク;リコシェ;スピッカート
第5章 練習:練習法;スタミナを義う;リラックスの必要:ミュートを使う練習のヴァライエティ:ヴィオラで
    の練習;考えることと分析すること
第6章 活動中のヴァイオリニスト;リーダー;第2ヴァイオリンのリーダー:オーケストラ奏者:室内楽奏者;ソリストであ
    るということ:ピアノと共演するリサイタル;今日の世界:批評家
第7章 レパートリーと解釈:分析'ひずみと矯正;記憶;即興;ヴァイオリンの融通性:パッハ;パガニー二;バッハの二短調パルティータ:
    ベートーヴェンのヴァィオリン協秦曲
第8章 ヴァィオリンと弓の製作修理:手入れ:有名なヴァイオリン製作者とその楽器:弓;ヴァイオリンの侮理ヴァイオリンの手入れ:
    チューニング
第9章 教えるというこ
第10章 メニューイン・スクールのレッスン:第1~3課
第2部 ヴィオラ(文:プリムローズ)
第11章 ヴィオラは大きなヴァィオリンではない:ボーイング;フィンガリング;持ち方とポジションのとり方;ヴィオラの大きさ;レパートリー:
    教えることとヴィプラート:コーダ.
第3部 ヴァイオリン小史(文:デニス・スティーヴェンズ)
第12章 初期の歴史:序論;経歴;レパートリー:手書き楽譜;レパートリー:印刷楽譜:教本第13章パッハのヴァイオリンの
    ためのソナタとバルティータ:バッハ以前のヴァイオリンによるポリフォニーヴァイオリニストとしてのバッハ
    バッハのソナタとバルティータの原典;パッハのソナタとパルティータ:ソナタ第123番;パルテータ第123番用語の説明

参考書
ヴァイオリン教本
レコード案内
索引

ユーディ・メニューイン/著

商品詳細

発売日 2006/11/6
ページ数 276
ISBN 9784883951260
楽器 書籍
1 / 8