おぺら読本出版

おぺら読本対訳シリーズ 12 奥様になった女中/悲しみの聖母 作曲/ペルゴレージ

商品情報にスキップ
1 Translation missing: ja.general.slider.of 0

おぺら読本出版

おぺら読本対訳シリーズ 12 奥様になった女中/悲しみの聖母 作曲/ペルゴレージ

通常価格 2,200 (税込)
通常価格 セール価格 2,200 (税込)
セール

icon 【3/21(木)15時まで】990円以上で送料無料

残りわずか
通常翌営業日出荷
作曲:ペルゴレージ

3幕仕立てのオペラ「誇り高き囚人」の幕間劇として作曲された作品であるが、ペルゴレージの最高傑作と言える。舘の主人ウベルトは自分は女中のセルピーナと結婚したいのか、それとも単に彼女の境遇を憐れんでいるのか自問自答している。主人の想いに気付いたセルピーナは一計を案じ、ウベルトに攻撃を開始。結果・・・。

『悲しみの聖母』がどれほど多くの作曲家を魅了し詩的芸術として紹介されているだろう。1ページにも満たない原稿に2000年の歴史が凝縮されている。

収載曲

[1] 奥様になった女中
  作曲/G.B.ペルゴレージ/G.パイジエッロ
[2] 悲しみの聖母
  作曲/G.B.ペルゴレージ/G.パイジエッロ

商品詳細

発売日 2004/3/25
ページ数 21
ISBN 9784901780124
楽器 書籍
1 / 8