㈱音楽之友社

現代日本の音楽 矢代秋雄 ヴィオラとピアノのためのソナタ

商品情報にスキップ
1 Translation missing: ja.general.slider.of 1

㈱音楽之友社

現代日本の音楽 矢代秋雄 ヴィオラとピアノのためのソナタ

通常価格 4,950 (税込)
通常価格 セール価格 4,950 (税込)
セール

icon 3,300円以上で送料無料

残りわずか
通常翌営業日出荷(取り寄せの場合は目安7~14日)
早逝の作曲家・矢代秋雄1949年の若さ溢れる作品。当時の日本ヴィオラ界第一人者であった河野俊達に捧げられたが、戦後の混乱や河野のアメリカ移住、矢代のフランス留学などと重なり、その後長く陽の目を見ることがなかった。
3つの楽章からなり、第1楽章は、日本的な2つのメロディをフランス風手法で肉付けしたソナタ形式。第2楽章は、ほのぼのとした日本風の子守歌。第3楽章は、矢代が敬愛したラヴェルの影響が強く感じられる自由なロンドとなっている。ヴィオラの低い音域が非常に効果的に使われている一方で、高音域も随所に使われており、さらにオクターヴの重音奏法なども当時としては難易度の高い作品であったといえるが、現代では多くのヴィオラ演奏者が愛奏できる作品である。未完であったヴィオラ・パート終結部は、弟子の西村朗の補筆による。

収載曲

[1] Allegro moderato
  作曲: 矢代秋雄
  編成: ヴィオラ/伴奏:ピアノ
[2] Berceuse,Andantino
  作曲: 矢代秋雄
  編成: ヴィオラ/伴奏:ピアノ
[3] Finale,Allegro assai
  作曲: 矢代秋雄
  編成: ヴィオラ/伴奏:ピアノ

商品詳細

発売日 2019/11/30
サイズ A4
ページ数 52
JAN 4510993591103
ISBN 9784276922365
楽器 ヴィオラ
1 / 8