日本楽譜出版社

(376)バルトーク 2台のピアノと打楽器と管楽器のための協奏曲 2台のピアノと打楽器のためのソナタ

商品情報にスキップ
1 Translation missing: ja.general.slider.of 1

日本楽譜出版社

(376)バルトーク 2台のピアノと打楽器と管楽器のための協奏曲 2台のピアノと打楽器のためのソナタ

通常価格 2,200 (税込)
通常価格 セール価格 2,200 (税込)
セール

icon 【3/21(木)15時まで】990円以上で送料無料

残りわずか
通常翌営業日出荷
omposer:Bartok Bela
作曲家:バルトーク
解説者:若林千春
ジャンル:協奏曲
品番:376
版型:A5 / 171頁
発売:2017年7月
税込価格:\2160(本体価格:\2000)
編成:2 Fl. (2nd = Picc.), 2 Ob. (2nd = C.A.), 2 Bb Cl, 2 Bsn. (2 nd = D.Bsn.), 4 Hr. in F, 2 Trp. in C, 3 Trb, Celesta, Piano I, Piano II, Percussion I, Percussion II, Vn. I, Vn. II, Vla, Vc, D.B.

内容:I Assai lento II Lento, ma non troppo III Allegro non troppo

バルトークの〈2台のピアノと打楽器と管弦楽のための協奏曲〉、またその原曲となった〈2台のピアノと打楽器のためのソナタ〉は、1937年から1940年、第二次世界大戦を控えてバルトークが故国ハンガリーからアメリカへと亡命した時期に作曲されました。初期にはハンガリー土着の音楽への興味を深く作風に反映したバルトークでしたが、この時期にはさらに、独自の機能和声論を展開していき、フィボナッチ数列や黄金比といった数学的な要素を作曲に取り入れたことでも知られています。そうした後期の難解な作風は、当時ハンガリーを席巻したファシズムの思想からは攻撃対象となりました。政治的混乱が音楽をも巻き込んだ時期にあって、バルトーク独自の作曲技法が遺憾なく発揮された本曲、今回は管弦楽版とピアノ版の両方をあわせて収録しています。

収載曲

[1] 2台のピアノと打楽器と管楽器のための協奏曲 2台のピアノと打楽器のためのソナタ
  作曲: バルトーク

商品詳細

発売日 2017/7/1
ページ数 171
JAN 4523420003766
ISBN 9784860603762
楽器 スコア
1 / 8