(株)ミュージックエイト

SK811 ドレミファ器楽 白日/King Gnu

商品情報にスキップ
1 Translation missing: ja.general.slider.of 1

(株)ミュージックエイト

SK811 ドレミファ器楽 白日/King Gnu

通常価格 3,850 (税込)
通常価格 セール価格 3,850 (税込)
セール

icon 3,300円以上で送料無料

取り寄せ
目安:7~14日
シリーズ:SK ドレミファ器楽

解説: “King Gnu”は、2015年に常田大希を中心にSrv.Vinciという名前で活動を開始。その後、メンバーチェンジを経て現在の4人体勢となりました。2017年、King Gnuへ改名。バンド名の由来は動物のGnu(ヌー)。春から少しずつ合流してやがて巨大な群れになる習性を持っていることから、自分たちも老若男女を巻き込み、大きな群れになりたいという思いで名づけたそうです。2019年1月にメジャーデビュー。メジャーデビュー後初のシングル(2月にデジタルリリース)が、この「白日」です。バンドメンバー4人とサポートメンバーの演奏シーンのみで構成されたモノクロのMVも話題になりました。日本テレビ系ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」(主演は坂口健太郎)の主題歌。

アレンジャーより】
 静かで温かみのある鍵盤ハーモニカ・ソロから、グルーヴの効いた力強いサビの全合奏まで、ダイナミクスの幅が広い一曲です。原曲とほぼ同じ流れですが、後半の転調を省略しています。AからB、Fのメロディは、原曲では独特のハネ方をしていますが、再現が難しいのでここでは普通の8分音符のリズムに変えています。また、譜読みがしやすいように、16分音符のシンコペーションの多くを簡略化しました。16分音符系のシャッフルの演奏は難しいですが、タンバリンやトライアングルが刻む8分音符を皆でしっかり感じながれ合奏すると良いでしょう。
 
ソロパート:鍵盤ハーモニカ=9小節
キーボード1=4+4小節
リコーダー=4小節

編曲者:本澤なおゆき

作曲者:常田大希

編成:フルスコア
リコーダー
鍵盤ハーモニカ
鍵盤ハーモニカ(初級用)
木琴
鉄琴
キーボード1(ソプラノアコーディオン)
キーボード2(アルトアコーディオン)
キーボード3(テナーアコーディオン)
低音楽器
ピアノ
小太鼓・大太鼓
打楽器
※ティンパニなどの特殊打楽器は、無くても演奏可能。

使用Perc.:■小太鼓・大太鼓
■タンバリン・トライアングル

収載曲

[1] 白日 / King Gnu
  ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」主題歌
  作曲: 常田大希
  編曲: 本澤なおゆき
  グレード: 3

商品詳細

発売日 2020/2/25
JAN 4533332888115
ISBN 9784814709380
楽器 器楽合奏
難易度 3
作曲者 常田大希
編曲者 本澤なおゆき
演奏時間 3.00925925925926E-03
1 / 8