㈱エー・ティ・エヌ

フルスコアの分析で解き明かす ギル・エヴァンス&マイルス・デイヴィス サウンドの真実 1957-1962

商品情報にスキップ
1 Translation missing: ja.general.slider.of 0

㈱エー・ティ・エヌ

フルスコアの分析で解き明かす ギル・エヴァンス&マイルス・デイヴィス サウンドの真実 1957-1962

通常価格 13,200 (税込)
通常価格 セール価格 13,200 (税込)
セール

icon 【3/21(木)15時まで】990円以上で送料無料

取り寄せ
目安:7~14日
「音の魔術師」と「ジャズの帝王」の共演の軌跡を 音楽的見地から徹底分析
1957~1962年にかけてレコーディングされた、ジャズ史上屈指とも言われる名盤「Miles Ahead」、「Porgy and Bess」、「Sketches of Spain」。これら一連のマイルス・デイヴィスのアルバムは、ギル・エヴァンスによるすばらしいオーケストレーションを含む画期的なジャズ・アンサンブル作品です。本書では、さらにもう2枚のアルバムを加えた計5枚の作品から代表的な曲をとりあげ、それらのフルスコアをあらゆる側面から徹底分析しています。

マイルス・デイヴィスは、言わずと知れたジャズ界を代表するカリスマ・トランぺッター。一方ギル・エヴァンスは、マイルスほどの知名度ではなくとも、'音の魔術師'と呼ばれ、今日のあらゆる音楽に欠かせない作/編曲スタイルを確立したひとりです。直近では、ライアン・トゥルースデルが、今は亡きギルの未発表作品を完成させてレコーディングした「ギル・エヴァンス・プロジェクト」が、2013年度のグラミー賞 (ジャズ・アレンジング部門) を受賞しました。

これまでにギルとマイルスに関するインタビューや伝記的な内容の記録は多数出版されていますが、本書はふたりの歴史的共演を音楽的に分析した画期的な解析書です。トランスクリプション (演奏の採譜) によるフルスコアに基づいており、さらに貴重なギル自筆の楽譜のスケッチも掲載しています。また、本来は学術論文として書かれたものであり、丹念で綿密な分析手法が特長です。作/編曲を志す音楽家には必携の一冊と言えるでしょう。
分析項目に関して
歴史的背景 / オープン・リスニングによるサウンドの把握 サウンド(ティンバー、楽器編成など) / ハーモニー / メロディ カウンターポイント / リズム / 曲の発展過程 コンダクターへのヒント、曲を再現するためのポイント / その他

掲載フルスコア
Blues for Pablo
New Rhumba
Will O' the Wisp
Bess You Is My Woman Now

著者名 Steve Lajoie (スティーブ・ラジョイ) 、翻訳者名 愛川 篤人、監修者 佐藤 研司

商品詳細

発売日 2013/3/25
ページ数 424
JAN 4537298030601
ISBN 9784754930608
楽器 書籍
1 / 8