㈱エー・ティ・エヌ

ファンク・グルーヴ・ワークショップ ベース

商品情報にスキップ
1 Translation missing: ja.general.slider.of 1

㈱エー・ティ・エヌ

ファンク・グルーヴ・ワークショップ ベース

通常価格 3,850 (税込)
通常価格 セール価格 3,850 (税込)
セール

icon 3,300円以上で送料無料

残りわずか
通常翌営業日出荷(取り寄せの場合は目安7~14日)
最高のプレイ・アロング・トラックで学ぶ!
ベースとドラムが一体となったグルーヴの創りかた

本書ファンク・グルーヴ・ワークショップ ベースと、ファンク・グルーヴ・ワークショップ ドラムス(2月新刊)は、ベース・プレイヤーおよびドラマーのために、ベースとドラムの関係を精密に検証し、この2つの楽器がバンドの他の楽器とともに、どのようにグルーヴを創り上げていくのかを学習する内容です。

ドラマーとベース・プレイヤーの仕事は、ファンク、ジャズ、ロック、ラテンなどジャンルに関わらず、バンドのすべてのミュージシャンのテンポをキープすることです。グルーヴを確立させることこそがリズム・セクション・プレイヤーとして、最初に目指すべき目標です。 優れたテクニックやソロ演奏の重要性は否定できませんが、本当に一定したグルーヴをくり出すことに、十分に意識を集中することが求められます。リックやフィルを演奏したり学んだりすることに夢中になり、優れたソロイストになろうと時間を費やす前に、グルーヴ・プレイヤーとして鍛え上げなければなりません。

Tower of Power(Rocco PrestiaとDavid Garibaldi)、Mike Clark とPaul Jackson、Omar Hakim とVictor Bailey、Steve GaddとAnthony Jackson、Peter Erskine とWill Lee、Steve Jordan とMurcus Miller などは、すべて優れたソロイストですが、これだけの名声を手にしたのは、主に彼らが築き上げたフィールとグルーヴのおかげです。

本書に示したさまざまなグルーヴが、あらゆるリズム・セクション・プレイヤーにとって最も重要な仕事、タイム・キーピングへ向かう、より新しい、またはより新鮮な道を開くきっかけとなります。 本書は中級から上級のプレイヤーを対象として構成されているので、各自の演奏レヴェルによって得られる効果は異なるでしょう。どのレヴェルであっても、必ず楽譜とCDの演奏例の両方を活用しましょう。

商品詳細

発売日 2009/1/20
ページ数 65
JAN 4537298037129
ISBN 9784754937126
楽器 エレキベース