フォスターミュージック

トロンボーンアンサンブル楽譜 ノスタルジック・メモリー~日本民謡によるパラフレーズ~

商品情報にスキップ
1 Translation missing: ja.general.slider.of 1

フォスターミュージック

トロンボーンアンサンブル楽譜 ノスタルジック・メモリー~日本民謡によるパラフレーズ~

通常価格 4,400 (税込)
通常価格 セール価格 4,400 (税込)
セール

icon 3,300円以上で送料無料

取り寄せ
目安:7~14日
《ノスタルジック・メモリー》は、三浦真理氏の『歌いつぐ日本のうた[ふるさとを歌う]』(2003、教育芸術社)に収録された合唱曲《記憶のパストラル》をトロンボーン四重奏として再構成したものである。原曲では日本人が歌い継いできた音楽の記憶の中から四つの歌が選び出され、三浦氏ならではの素敵なタイトルと音楽のお洒落な味付けで仕上げられている。三浦氏の手による日本の歌と西洋音楽の融合による新たな音の世界は、それぞれの背景にある音の嗜好性や音楽文化の違いを少しも感じさせることがない。合唱曲として優れていることはもちろんであるが、管楽器のアンサンブルになってもその魅力が失われることはなく、多くの人々に知ってもらいたい、聴いてもらいたいと考えたことが《ノスタルジック・メモリー》の誕生へと繋がった。

この曲を構成する日本の歌は四つある。第1曲〈おてもやん〉は〈熊本甚句〉とも呼ばれ、後に歌いだしの「おてもやん」が題名となった曲である。第2曲〈子もり唄〉は小学校第5学年の歌唱共通教材になっており、日本人が最も親しみのある子もり唄であろう。第3曲〈谷茶目〉は沖縄県の代表的な民謡で、谷茶の漁村での漁師の若者たちと魚売りの娘たちとの会話が歌われている。第4曲〈木曽節〉は「御岳山節」や木曽川の船頭たちによって歌われていた「中乗りさん節」がもとになった日本の代表的な民謡の一つである。

演奏にあたっては、それぞれ単独の曲として扱っても充分にその魅力を味わっていただけるものと思うが、四つの曲を組み合わせて演奏することで、前述した「日本の歌と西洋音楽の融合による新たな音の世界」は一層深く演奏者や聴衆のみなさんの心に染み入り、素敵な音楽の記憶となるだろう。(佐川馨)

Trb. 1/Trb. 2/Trb. 3/Trb. 4 :Bs.Trb.

収載曲

トロンボーンアンサンブル楽譜 ノスタルジック・メモリー~日本民謡によるパラフレーズ~
  作曲: 民謡伝承曲(日本)(TRADITIONAL FORKSONG)
  編曲: 佐川馨(KAORU SAGAWA)
  編成: 4重奏
  グレード: 3

商品詳細

発売日 2022/11/17
JAN 4560318478473
楽器 吹奏楽
編成 4重奏
難易度 3
作曲者 民謡伝承曲(日本)(TRADITIONAL FORKSONG)
編曲者 佐川馨(KAORU SAGAWA)
演奏時間 7分30秒