リコーダーJP

リコーダーピース ペープシュ アルトリコーダーソナタ 第11番 ハ短調

商品情報にスキップ
1 Translation missing: ja.general.slider.of 1

リコーダーJP

リコーダーピース ペープシュ アルトリコーダーソナタ 第11番 ハ短調

通常価格 1,980 (税込)
通常価格 セール価格 1,980 (税込)
セール

icon 3,300円以上で送料無料

取り寄せ
目安:7~14日
★冊子
・スコア冊子(曲目解説、アルトリコーダー運指表つき) 12ページ
・別冊リコーダーパート譜 4ページ

★付属CD 内容
 (1)各楽章の伴奏
 (2)伴奏にリコーダー演奏を合わせた演奏例
 (3)各楽章につき(1)と異なるテンポによる伴奏をいくつか収録
 (4)上級者向け「バロックピッチ(A=415Hz)」による伴奏
  ※チェンバロ伴奏演奏はすべて石田誠司(デジタルサンプリング音源使用)

★収録曲の難易度(指回り難度)
 第1楽章 B2
 第2楽章 C1
 第3楽章 B1
 第4楽章 C1
 
★解題★

 アムステルダムで出版された6曲のソナタが、1700年代はじめ、ロンドンでWalshによる再版が発売されると、おそらく人気があったのでしょう、続編が企画され同じWalshから出版されました。それが作品2aのソナタ集です。

 作品1に比べると、より後期バロック的な特徴が強くなっているように思われます。

★解説★

 ペープシュの第2ソナタ集(第7番~第12番)の充実はすばらしいもので、傑作が目白押し。本作も、比較的小粒ながら、隙のない名作です。

 第1楽章はアダージョ(ゆっくりと)、4分の4拍子です。やや長く伸びる音で始まりますが、やがて比較的細かな動きが中心になっていきます。簡潔にまとめられた佳品。

 第2楽章はアレグロ(快活に)、4分の4拍子です。力強い開始のあと、「頭欠けで、3音連打」のモチーフが現れます。ベートーヴェンの「運命」交響曲第1楽章を思い出さずにはいられないでしょう(調まで同じハ短調)。緊迫感あふれる音楽です。

 第3楽章はラルゴ(広びろと)、2分の3拍子です。平明なテーマを扱う、わかりやすい内容ですが、平凡に堕すことなく、気品の高い音楽になっています。

 第4楽章は再びアレグロで、8分の12拍子。ジークなのでしょう。比較的短い簡潔な語り口の音楽ですが、内容には工夫がこらされていて、珠玉の名品と言って良いでしょう。

■リコーダーによる演奏
第1楽章(B-2)
第2楽章(C-1)
第3楽章(B-1)
第4楽章(C-1)

※カッコ内は指回り難度です。
※リコーダー演奏:石田誠司 (全音 G-1A)  チェンバロ(電子楽器)演奏: 石田誠司

収載曲

[1] ソナタ 第11番 ハ短調
  作曲: ペープシュ
  編成: アルトリコーダーと通奏低音

商品詳細

発売日 2019/12/1
ページ数 12
JAN 4571325248461
ISBN 9784862668516
楽器 リコーダー
1 / 8