リコーダーJP

RP シックハルト アルトリコーダーソナタ ト短調 作品17-7

商品情報にスキップ
1 Translation missing: ja.general.slider.of 0

リコーダーJP

RP シックハルト アルトリコーダーソナタ ト短調 作品17-7

通常価格 1,980 (税込)
通常価格 セール価格 1,980 (税込)
セール

icon 【3/21(木)15時まで】990円以上で送料無料

残りわずか
通常翌営業日出荷
★解題★

 J.C.シックハルトの「12のソナタ 作品17」は、1712年から15年までの間に、アムステルダムのLogerから出版され、のちにロンドンのWalshから少なくとも2版にわたって再刊されました。若々しいエネルギーと大家の風格とを兼ね備えた、充実した力作ぞろいの作品集です。


★解説★

 調子よく進む速めの音楽ばかり4楽章から成るソナタです。バロックソナタ全体を見回しても、かなり珍しい構成ではないかと思います。

 第1楽章はヴィヴァーチェ(生き生きと)、4分の4拍子です。題されてはいませんが、前奏曲なのでしょう。テーマが中低音域で決然と始まったのに続いて、印象あざやかなモチーフを次々に惜しげなくくりひろげて、まさに生き生きとした音楽となっています。

 第2楽章は4分の4拍子のアルマンドです。リズミックな面白さが随所にちりばめられ、よどみなく音楽が流れ出すおもむきは、音楽を演奏する楽しさに満ちています。

 第3楽章はコレンテ、だい4分の3拍子です。シックハルトのコレンテといえば、付点の跳ねるリズムが支配するものがたいへん多いのですが、この曲はその型にはまらない、例外に属するものです。第1楽章のテーマと共通する感じの決然としたテーマから始まり、面白い音型をちりばめた力作です。

 第4楽章は8分の6拍子のジークです。付点の跳ねるリズムを基調としていますので、あまり無茶な速いテンポで演奏する曲ではないでしょう。活発な運動性とともに、ゆたかな旋律性を併せ持ち、しかもがっちりと姿よく構成された、すぐれた終曲です。

収載曲

[1] 第1楽章
  グレード: C2
[2] 第2楽章
  グレード: C1
[3] 第3楽章
  グレード: C2
[4] 第4楽章
  グレード: C1

商品詳細

発売日 2021/7/1
ページ数 16
JAN 4571325249437
ISBN 9784862668219
楽器 リコーダー
1 / 8