リコーダーJP

RP A.コレルリ アルトリコーダーソナタ 第9番 ハ長調

商品情報にスキップ
1 Translation missing: ja.general.slider.of 1

リコーダーJP

RP A.コレルリ アルトリコーダーソナタ 第9番 ハ長調

通常価格 1,980 (税込)
通常価格 セール価格 1,980 (税込)
セール

icon 3,300円以上で送料無料

残りわずか
通常翌営業日出荷(取り寄せの場合は目安7~14日)
★解題★

 イタリアバロックを代表する作曲家・コレルリ(コレッリ)の「作品5」は、2分冊12曲から成るヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ集で、作曲家として脂の乗りきった40才代のころ1700年に出版されました。これは芸術的にも音楽史的にもきわめて重要な作品として、高く評価されている傑作です。当時もすぐさまその価値が認めれ、19世紀にかけて30数回も版を重ねました。そして、発刊の翌々年である1702年ごろには、早くもリコーダー用編曲の出版もおこなわれました。

 作品5-9のソナタは、原曲(ヴァイオリンソナタ)ではイ長調で、アルトリコーダーの場合は音域に合わせてハ長調に移調して演奏します。

★解説★

 4つの楽章から成り、舞曲を中心とした緩・急・緩・急の構成です。

第1楽章はラルゴ(ひろびとと)4分の4拍子のプレリュードで、歌謡性のゆたかな美しい楽章です。シンプルな素材を生かし切る書法の洗練もみごとというしかなく、まさに珠玉のような一品。

第2楽章はアレグロ(快活に)4分の12拍子のジークです。活発な中にも、第1楽章を支配していた「もの静かな感じ」がよぎることがあって、不思議な奥行きがあります。

第3楽章はわずか8小節しかない間奏曲で、アダージョ(ゆっくりと)、2分の3拍子です。嬰ヘ短調で、簡素な旋律線ですが、痛切さに胸を打たれます。

第4楽章はテンポ・ディ・ガヴォット(ガヴォットのテンポで)と題され、アレグロ、2分の2拍子です。ほとんど四分音符で、しかも1音おきの2声で進行するところが多いので、実質的には二分音符で旋律線が描かれることになり、リズミカルに八分音符で進む低音に乗って、余裕を持った感じの音楽が進みます。不思議な透明感と静謐さはこの楽章にも貫かれています。

収載曲

[1] 第1楽章
  グレード: B2
[2] 第2楽章
  グレード: C1
[3] 第3楽章
  グレード: A1
[4] 第4楽章
  グレード: B2

商品詳細

発売日 2020/12/1
JAN 4571325250174
ISBN 9784862663832
楽器 リコーダー
1 / 8