リコーダーJP

RP G.サンマルティーニ トリオソナタ 第1番 ヘ長調

商品情報にスキップ
1 Translation missing: ja.general.slider.of 1

リコーダーJP

RP G.サンマルティーニ トリオソナタ 第1番 ヘ長調

通常価格 1,980 (税込)
通常価格 セール価格 1,980 (税込)
セール

icon 3,300円以上で送料無料

残りわずか
通常翌営業日出荷(取り寄せの場合は目安7~14日)
★解題★

 G.サンマルティーニの「2つのリコーダーまたはヴァイオリンのための12のソナタ」は、1727年にロンドンで出版された曲集です。題名によればヴァイオリンで演奏してもよいことになっていますが、これは言わば「ヴァイオリンを弾いている人にも楽譜を買ってもらえるように」という、営業上の理由でこういうことになったのでしょう。サンマルティーニ自身、管楽器(オーボエ)の名人だったわけですし、当時のオーボエ奏者ならもちろんリコーダーも演奏したでしょうから、どちらかといえば「リコーダーの曲」として構想されたものと思われます。

 曲集全体を通じて技術的に極端に難しいところがほとんどなく、アマチュア愛好家に広く楽しんでもらおうと考えて書かれた曲であることがよくわかります。


★解説★

 曲は3つの楽章から成っています。たいへんやさしく演奏でき、しかも無類に楽しい傑作です。

 第1楽章はアレグロ(快活に)、4分の4拍子。弾むような付点のリズムで音楽が進みます。2本の笛のうちどちらかが声をかけて他方が答える、という場面がたくさんあります。お互いによく聴き合って音楽をつくっていく楽しさ。

 第2楽章はアダージョ(ゆっくりと)、4分の4拍子。ニ短調で、ほっと小さなため息を漏らしたあと、流れるように歌います。二度(隣どうしの音で、ハモらない音程)でぶつかるときの一瞬のきしみが、美しさをいっそう際立たせます。

 第3楽章は再びアレグロで、8分の3拍子。4小節遅れ・2小節遅れ・1小節遅れなど、いろいろなズレぐあいで一瞬カノンふうになる箇所を多数もりこみながら軽妙に進む音楽で、この楽しさはサンマルティーニならではのものです。

収載曲

[1] 第1楽章
  グレード: B2
[2] 第2楽章
  グレード: B1
[3] 第3楽章
  グレード: B3

商品詳細

発売日 2021/2/24
ページ数 32
JAN 4571325250242
ISBN 9784862668967
楽器 リコーダー
1 / 8