リコーダーJP

RP ヴァレンタイン ソナタ 田舎での休暇 第4番 ニ短調

商品情報にスキップ
1 Translation missing: ja.general.slider.of 1

リコーダーJP

RP ヴァレンタイン ソナタ 田舎での休暇 第4番 ニ短調

通常価格 1,980 (税込)
通常価格 セール価格 1,980 (税込)
セール

icon 3,300円以上で送料無料

残りわずか
通常翌営業日出荷(取り寄せの場合は目安7~14日)
★解題★

 「田舎での休暇」(Villeggiatura)と題されたこの無伴奏デュオソナタ集は、パルマのパラティン伯図書館 (Biblioteca Palatina)に伝えられた手書きの楽譜集に収められていたものです。他には6曲ずつ2セットで合計12曲の通奏低音伴奏ソナタが一緒に綴じられていました。

 ヴァレンタインの無伴奏デュオは、愛好家の多かったイギリスやフランスでは出版されていましたが、イタリアではあまり出版された形跡がありません。以下、本作を初めて印刷譜として出版したUT ORPHEUS版に掲げられたNicoka Sansone氏の序文によると、この二重奏曲集も、ルッカの貴族で音楽愛好家だったParensiが、おそらく練習用の曲として作曲者から個人的に提供を受けたものではないかといいます。そして、作曲年代は、ナポリ6度和音の頻繁な使用や、快速楽章の最初や最後のところにユニゾンをよく用いていること、終曲としてメヌエットを好んで置いていること、Amoroso やAndanteなどの発想記号を好んで用いていることなどから、作曲者晩年の1730年ごろだろうと推定されています。

 その推定が当たっているかどうかはともかく、掛け値なしに充実した作品が揃っており、音楽的興趣の尽きないすばらしい二重奏曲集となっています。


★解説★

 第4番のソナタは緩急緩急のあとメヌエットという構成です。

 第1楽章はアダージョ(ゆっくりと)、2分の3拍子です。ゆったりと始まり、やがていくらか少し動きの細かな音楽になると、間もなく半終止し、すぐに第2楽章に進みます。最初、1小節目の1拍目が欠けて始まる拍節感が、ややユニーク。

 第2楽章はアレグロ(快活に)、8分の3拍子です。2本のリコーダーが声をそろえて上行音階を用いたテーマを奏して始まります。スピーディーな進行のなかに、下行の反復進行(ゼクエンツ)のような箇所があちこちに出てきますが、形の少し崩れたものも多くなっています。

 第3楽章は再びアダージョで、変ロ長調を基調とする4分の3拍子の楽章です。3度でハモる美しい動きで始まり、何度か転調がありますが、ずっと長調の明るい響きです。最後は半終止で終わったのでしょう(いきなりヘ長調に入って終わったと見ることもできるかも知れませんが。)

 第4楽章は再びアレグロで、4分の2拍子です。二拍遅れで第二リコーダーが追いかける形で示されるかろやかなモチーフ(特に音階的に下る4つほどの八分音符の音型)が大きな役割りを果たし、まとまりのよい楽章になりました。この楽章と最後の楽章では、収束に近い部分でよく似た「ナポリの6」の使われ方をしていて、耳に立ちます。

 第5楽章は8分の3拍子の短いメヌエットです。広い音域を使ったテーマを扱って簡潔にまとめれています。

収載曲

[1] 第1楽章
  グレード: B-1
[2] 第2楽章
  グレード: C-1
[3] 第3楽章
  グレード: B-2
[4] 第4楽章
  グレード: B-3
[5] 第5楽章
  グレード: B-2

商品詳細

発売日 2021/8/1
ページ数 24
JAN 4571325250402
ISBN 9784862669070
楽器 リコーダー
1 / 8