リコーダーJP

RP G.サンマルティーニ トリオソナタ 第2番 ヘ長調

商品情報にスキップ
1 Translation missing: ja.general.slider.of 1

リコーダーJP

RP G.サンマルティーニ トリオソナタ 第2番 ヘ長調

通常価格 1,980 (税込)
通常価格 セール価格 1,980 (税込)
セール

icon 3,300円以上で送料無料

残りわずか
通常翌営業日出荷(取り寄せの場合は目安7~14日)
★解題★

 G.サンマルティーニの「2つのリコーダーまたはヴァイオリンのための12のソナタ」は、1727年にロンドンで出版された曲集です。題名によればヴァイオリンで演奏してもよいことになっていますが、これは言わば「ヴァイオリンを弾いている人にも楽譜を買ってもらえるように」という、営業上の理由でこういうことになったのでしょう。サンマルティーニ自身、管楽器(オーボエ)の名人だったわけですし、当時のオーボエ奏者ならもちろんリコーダーも演奏したでしょうから、どちらかといえば「リコーダーの曲」として構想されたものと思われます。

 曲集全体を通じて技術的に極端に難しいところがほとんどなく、アマチュア愛好家に広く楽しんでもらおうと考えて書かれた曲であることがよくわかります。


★解説★

 曲は3つの楽章から成っています。やさしく演奏できる楽しい作品で、音楽教科書などにもよく取り上げられているとのことです。

 第1楽章はアレグロ(快活に)、4分の4拍子。軽快に始まりますが、短調になる展開部ではメランコリックな表情もみせ、味わい深い音楽になっています。

 第2楽章はアダージョ(ゆっくりと)、4分の3拍子。ねっとりと短調で歌うサンマルティーニらしいアダージョです。二人で声をそろえて吹き延ばしたはずの2つの音の片方だけが1拍ぶん残る場面が何度かあり、不思議な感じがしますが、作曲者は狙っておこなった処理なのだと思います。

 第3楽章は再びアレグロで、8分の3拍子。同じ音の連打が主要モチーフになっています。効果的なユニゾンも差し挟んで軽快にしてユーモラスな音楽です。

収載曲

[1] 第1楽章
  グレード: B3
[2] 第2楽章
  グレード: B1
[3] 第3楽章
  グレード: B3

商品詳細

発売日 2021/5/1
JAN 4571325250457
ISBN 9784862669100
楽器 リコーダー
1 / 8