リコーダーJP

SR-137 ベリンツァーニ ソナタ集 第1巻

商品情報にスキップ
1 Translation missing: ja.general.slider.of 1

リコーダーJP

SR-137 ベリンツァーニ ソナタ集 第1巻

通常価格 4,180 (税込)
通常価格 セール価格 4,180 (税込)
セール

icon 【3/21(木)15時まで】990円以上で送料無料

残りわずか
通常翌営業日出荷
ソナタ 変ロ長調 作品3-1

★解題★

 1720年にベネチアで出版された、アルトリコーダーと通奏低音のための12曲のソナタ集に収められた作品です。モチーフの造形がくっきりとしていて印象が鮮やかで、説得力のある展開が行なわれていく、実力を感じさせる作風です。


★解説★

 4つの楽章から成っています。

 第1楽章はラルゴ(広々と)と指定され、4分の4拍子です。分散和音を中心とするモチーフで始まります。最初の2拍ほどだけスラーが付けられており、「後は同様に」ということだと思われます。わかりやすい展開で進みますが、最後は拍子感を狂わせにかかるような面白い仕掛けが待っています。

 第2楽章はプレスト(速く)、4分の4拍子です。1小節目だけにスラーが付されているのはこの楽章も同様です。2声になる大きな跳躍音型を主役に、ここでもわかりやすい音楽をくりひろげますが、全体に非常に低い音域に偏っているのも特徴的。

 第3楽章は再びラルゴで、4分の3拍子。主調の平行短調であるト短調の音楽になります。第1楽章のモチーフと通い合う、分散和音を駆使したモチーフを扱い、簡潔に語ります。

 第4楽章は発想の指定がなく、4分の2拍子。ある程度、快速感のある演奏を目指すべきでしょう。随所にシンコペーションのリズムを効果的に用いて、精彩のある終曲となっています。



ソナタ ニ短調 作品3-2

★解題★

 1720年にベネチアで出版された、アルトリコーダーと通奏低音のための12曲のソナタ集に収められた作品です。モチーフの造形がくっきりとしていて印象が鮮やかで、説得力のある展開が行なわれていく、実力を感じさせる作風です。


★解説★

 本来4つぐらいの楽章があったものと思われますが、唯一残っている出版譜の現物から(おそらく出版のときの版元のミスによって最初から)1頁分が欠けたようになっており、第1楽章と第2楽章しか伝わっていません。なお、Amadeus社版では、補筆により第3・第4楽章も備えた形で印刷されていますが、作曲者とは別人によるまるまるの追加創作ですので、弊社版では採用していません。あしからずご了承ください。

第1楽章は、アダージョ(ゆっくりと)と指定され、4分の4拍子で、付点の跳ねるリズムを基調として進んでいきます。音楽の進みかたは独特で、意外な転調や偽終止を織り込んだ、「何度も予想を裏切る進み方」が特徴的です。

第1楽章はアレグロ(快活に)、4分の4拍子です。同音の連打で始まって、やがて16分音符がくるくると舞う主題を扱います。リコーダーが先導して、すぐ後ろから低音が模倣で追いかけたりその逆を演じたりするカノンふうの技法を駆使しながら、キビキビと音楽を進めます。



ソナタ ハ長調 作品3-3

★解題★

 1720年にベネチアで出版された、アルトリコーダーと通奏低音のための12曲のソナタ集に収められた作品です。モチーフの造形がくっきりとしていて印象が鮮やかで、説得力のある展開が行なわれていく、実力を感じさせる作風です。


★解説★

 4つの楽章から成っています。楽譜面は黒くてなんだか難しそうにも見えますが、見た目よりは、かなりやさしく演奏できると思います。1・3・4楽章では下降音階が重要な役割をしていて、全体の統一感を高めています。運動性が小気味良く、爽快な傑作と言って良いでしょう。

 第1楽章はアダージョ(ゆっくりと)、4分の4拍子です。さわやかに歌い出し、三連符も登場して、手の込んだ曲を予感させます。32分音符の下降音階を含むモチーフによる上行のゼクエンツが印象的です。

 第2楽章は発想表示がありませんが、Allegro (快活に)ぐらいの感じでしょう。きっぱりとした感じの明快なモチーフで始まりますが、これを導入として、あとはひたすら16分音符で、「ひとり二声」、さらには「ひとり掛け合い」のような箇所も多くふくむ音楽になります。すみずみまで緩みのない逸品。

 第3楽章はラルゴ(広々と)と指定され、4分の4拍子の短い間奏曲ふうの音楽です。第1楽章で用いられた32分音符下降音階のモチーフがここでも大活躍します。イ短調で始まり、半終止で第4楽章を呼びます。

 第4楽章は、またも発想表示がありませんが、Vivace(生き生きと)やAllegroのような感じでしょう。16分音符が多く用いられ、しかも分散和音なども多いので、そう速くは演奏できませんし、ジーグのつもりではなさそう。リズミカルな音型が多く、二声なのかな?ともみえる箇所はあちこちにありますが、最初のあたりにある、「明らかにひとり二声」の箇所がすんで以後は、おおむね1本の線、ないしは、「和音の分散」としてとらえるような感覚で演奏しても良さそうに思います。たいへん楽しい終曲です。

収載曲

[1] ベリンツァーニ ソナタ 変ロ長調 作品3-1
[2] ベリンツァーニ ソナタ ニ短調 作品3-2
[3] ベリンツァーニ ソナタ ハ長調 作品3-3

商品詳細

発売日 2021/12/1
ページ数 32
JAN 4571325250884
ISBN 9784862669766
楽器 リコーダー
1 / 8