カワイ出版

レスピーギ 2台ピアノのための ローマの祭

商品情報にスキップ
1 Translation missing: ja.general.slider.of 1

カワイ出版

レスピーギ 2台ピアノのための ローマの祭

通常価格 2,750 (税込)
通常価格 セール価格 2,750 (税込)
セール

icon 3,300円以上で送料無料

取り寄せ
目安:7~14日
イタリアの作曲家レスピーギの代表作である「ローマ三部作」の中で、最も華やかで重厚な音楽である「ローマの祭」をピアノデュオ《176》(アン・セット・シス)の二人が2台ピアノ用にアレンジしたもの。技巧と体力が必要であるが、2台ピアノのレパートリーはまだまだ少ないが、オーケストラの煌びやかなサウンドが2台ピアノでどう表現されるのかとても興味深い一冊である。
「ローマの噴水」は2020年7月、「ローマの松」は2020年11月に出版予定である。

<まえがき>

 山中惇史、高橋優介によるピアノデュオ《176》(アン・セット・シス)です。88鍵×2台の由来からの出来たユニット名です。
 
 私たちは共に、演奏と創作の双方で活動しています。数年前から存在は互いに知ってましたが、2018年の仙台クラシックフェスティバルで初対面し(なんと楽屋が隣だったのです!)意気投合、すぐに何か一緒に出来ないだろうかと話しました。我々にしか出来ないことをやりたいという思いから、2台ピアノでは前例のないレパートリーを探し、自らの手で編曲し演奏することを思い立ちました。

 その第一弾がこの『レスピーギ/ローマの祭』です。2人で楽譜を書いては弾き、意見を出し合い推敲し改訂していく。この作業を幾度となく繰り返しました。お互い個々にはない発想がどんどん飛び出す様に出てきて、楽しくそして興奮した時間だった事を思い出します。

 続けて『ローマの松』『ローマの噴水』も新しく書き(2020年内に出版予定)、2020年11月25日に東京・紀尾井ホールにて、「ローマ3部作」をプログラムに演奏会を開催しライブレコーディング(発売日未定)もする予定です。

 敬愛してやまないレスピーギ、この異次元なまでにほとばしるオーケストラの色彩をピアノで演奏出来る喜び、そしてこの新しい2台ピアノのレパートリーが世界に広がる事、心から嬉しく思っています!

山中惇史・高橋優介

収載曲

[1] Circenses(チルチェンセス)
  作曲: O.レスピーギ
  編曲: 山中惇史・髙橋優介
  グレード: 上級
[2] Il Giubileo(五十年祭) / ? ? ?
  作曲: O.レスピーギ
  編曲: 山中惇史・髙橋優介
  グレード: 上級
[3] L' Ottobrata(十月祭) / ? ? ?
  作曲: O.レスピーギ
  編曲: 山中惇史・髙橋優介
  グレード: 上級
[4] La Befana(主顕祭) / ? ? ? ? ?
  作曲: O.レスピーギ
  編曲: 山中惇史・髙橋優介
  グレード: 上級

商品詳細

発売日 2020/5/1
サイズ 菊倍判
ページ数 72
JAN 4962864907320
ISBN 9784760907328
楽器 ピアノ
1 / 8