カワイ出版

混声合唱組曲 北廻船

商品情報にスキップ
1 Translation missing: ja.general.slider.of 1

カワイ出版

混声合唱組曲 北廻船

通常価格 2,090 (税込)
通常価格 セール価格 2,090 (税込)
セール

icon 【3/21(木)15時まで】990円以上で送料無料

取り寄せ
目安:7~14日
作曲:大中恩
作詩:阪田寛夫
A4判/68頁
グレード:中級
演奏時間:約21分10秒
ISBN 978-4-7609-1393-0

1981年福井大学グリーンエコー合唱団委嘱作品。早くから廻船業により栄え北前船の寄港地でもあった北陸・福井の自然、景観、気候風土をテーマに描かれた作品。具体的な地名の記載がないため、北陸の方に限らず共感が持てる場面が存在するのではなかろうかと思われる。終曲の「雪の晴れ間」は、人間にとって美しいだけでない雪の厳しさや罪の深さを短編小説の如く描き、そしてその厳しさの中に垣間見た春の気配の歓びは、聴衆の心の琴線に触れることであろう。ピアノ伴奏付き、全4曲。

1 橋守 (5’00””)
2 古い壺(4’30””)
3 海のそこの川(2’45””)
4 雪の晴れ間(8’55””)

<まえがき>

この詩を書いた阪田寛夫は、当時、若い人たちに囲まれた最初の会合で、「福井の自然を素材に、ただし人物や出来事を入れないで・・・」という註文を受け、それまでの私との共作が “人間くさい”ものばかりだったので困ったものの、それから何度も取材の旅を重ね、コーラスの若い人たちと心を通じ合わせるように書き上げたようです。雪国のイメージが阪田の詩となり、そのひとつひとつのコトバの感触が私の音楽を生みました。詩を読み、歌ってもらえれば感じとれるものを書いたつもりなので、解説めいたものは全く不要だと思います。
 雪国のイメージを、コーラスを愛する多くのみなさんが「音」そのものにしてくださることを心から願っております。
 初演から35年の時を経て、カワイ出版より世に出る喜びを感じつつ・・・。


大中恩

収載曲

橋守
  作曲: 大中恩
  作詞: 阪田寛夫
  グレード: 中級
古い壺
  作曲: 大中恩
  作詞: 阪田寛夫
  グレード: 中級
海のそこの川
  作曲: 大中恩
  作詞: 阪田寛夫
  グレード: 中級
雪の晴れ間
  作曲: 大中恩
  作詞: 阪田寛夫
  グレード: 中級

商品詳細

発売日 2016/10/1
サイズ A4
ページ数 68
JAN 4962864913932
ISBN 9784760913930
楽器 合唱
1 / 8