カワイ出版

寺嶋陸也: 混声合唱とピアノのための 年を忘れた少年の歌

商品情報にスキップ
1 Translation missing: ja.general.slider.of 1

カワイ出版

寺嶋陸也: 混声合唱とピアノのための 年を忘れた少年の歌

通常価格 1,870 (税込)
通常価格 セール価格 1,870 (税込)
セール

icon 3,300円以上で送料無料

残りわずか
通常翌営業日出荷(取り寄せの場合は目安7~14日)
作曲:寺嶋陸也
作詩:森哲弥
A4判/56頁
グレード:中級
演奏時間:約14分05秒

作曲者の盟友沼尻竜典とびわ湖声楽アンサンブルのために作曲された作品。滋賀にゆかりのある森哲哉の詩をテキストに使っている。 「中学生が楽しめる作品」という委嘱の条件があったこともあり、奥行きがあり重厚な響きの中でメロディが際立つ作品として仕上がっている。
1. きのう (3’30” )
2. ぶなの森の朝 (2’00” )
3. チェロの木 (3’15” )
4. ストロー (2’50” )
5. クロワッサン (2’30” )
<まえがき>

 中学生が楽しめて、滋賀県にゆかりのある詩による合唱曲を、という、びわ湖ホールとその芸術監督沼尻竜典さんの依頼に応えて、森 哲弥さんの詩集『少年百科箱日記』(土曜美術社)の中の五篇の詩を選び作曲しました。

 森さんの詩は、大きなスケールの時間と空間の表現の中で、ごく些細な事に目や耳を向ける繊細さが同居するファンタスティックな魅力があり、詩の中で語られる言葉には、いくつもの意味や背景を複雑にまとっているようでもあります。それらの奥行きと重層的な広がりを声とピアノによる交響的な音楽として表現したい、と思いました。

 『年を忘れた少年の歌』というタイトルは、詩集の最初におかれた詩「百科箱日記」にある「年を忘れた少年の日々」という詩句からとりました。沼尻竜典さんとは幼なじみで、中学生の頃まではよく一緒にピアノを弾いたり作曲をしたりして遊びましたが、私たちが少年だった日々のこともちょっと思い出しながらつけたタイトルです。

寺嶋陸也

収載曲

[1] きのう
[2] ぶなの森の朝
[3] チェロの木
[4] ストロー
[5] クロワッサン

商品詳細

発売日 2022/5/1
サイズ A4
ページ数 56
JAN 4962864942796
ISBN 9784760942794
楽器 合唱
編成 混声四部
作曲者 寺嶋陸也
作詞者 森 哲弥