ブレーン(株)(広島)

クラリネット4重奏 テレコ ~クラリネット4重奏のための/高昌帥

商品情報にスキップ
1 Translation missing: ja.general.slider.of 1

ブレーン(株)(広島)

クラリネット4重奏 テレコ ~クラリネット4重奏のための/高昌帥

通常価格 3,740 (税込)
通常価格 セール価格 3,740 (税込)
セール

icon 3,300円以上で送料無料

残りわずか
通常翌営業日出荷(取り寄せの場合は目安7~14日)
クラリネット4本による揺らぐようなグルーブ感のあるサウンドがインパクト大!

トロワフレーシュアンサンブル委嘱作品。
タイトルの「テレコ」とは、「互い違い、入れ違い」等を意味する関西弁です。

「テレコ」をテーマにしたことについては、私としては珍しく考えがあってのことでした。
作曲に着手する前は、バス・クラリネットやE♭クラリネット、アルト・クラリネットなどを使って音域を拡げることを考えていました。しかし、いざ手を着けてみると、クラリネットの音域の広さ故に、クラリネット四重奏ならば・クラリネット四重奏だけが同じB♭管だけで4重奏を組むことが出来ることに気づいたのです。むしろB♭管4本で書くことで、弦楽四重奏やサクソフォーン四重奏には出来ない音楽を作れるのでは、と思い至りました。
それで、同じ楽器4本でしか出来ない音楽、を考えたときに、同じ楽器とは言え、人間のすることですから当然4本の音色は微妙に違ってきます。その微妙な違いこそを楽しめるような音楽に出来ないかと考えました。
恐らくステージ上では誰がどの音を吹いているのか解らなくなって、渾然一体に響く音響体であるにもかかわらず、何かいつも色合いが変化し続けるような、まだらな状態を生み出したく思いまして、この様な音楽としました。
タイトルは作曲中に、この様な状態を一言で言い表す言葉として採用いたしました。
それにしても、「てれこ」って、関西弁らしいですね。そのことも気に入っています。

編成
1st Clarinet in B♭
2nd Clarinet in B♭
3rd Clarinet in B♭
4th Clarinet in B♭

商品詳細

発売日 2021/7/27
サイズ A4
JAN 4995751823359
ISBN 9784862887788
楽器 クラリネット重奏
編成 クラリネット4重奏
難易度 4.5
作曲者 高 昌帥
演奏時間 5分40秒
1 / 8