㈱音楽之友社

ソナタ形式の修辞学 古典派の音楽形式論

商品情報にスキップ
1 Translation missing: ja.general.slider.of 1

㈱音楽之友社

ソナタ形式の修辞学 古典派の音楽形式論

通常価格 5,060 (税込)
通常価格 セール価格 5,060 (税込)
セール

icon 3,300円以上で送料無料

残りわずか
通常翌営業日出荷(取り寄せの場合は目安7~14日)
内容紹介
音楽形式とは何か。ソナタ形式とは何か。当時の人々にどう理解されていたか。――本書は19世紀に「ソナタ形式」と呼ばれるようになった西洋近代で最も重要な音楽形式について、18~19世紀の理論や美学的記述を再読することによって、当時の基本的教養であった修辞学の観点から再考し、それが現代における古典派音楽の理解にどう寄与するかを問う。

「修辞学(対象や考え、あるいは情緒を聴き手にとって説得力のあるものにする技術)はこの時期のあらゆる芸術に枠組みを提供しており、音楽との対応関係はとりわけ密接なものでした。(中略)楽想が導入され、労作され、強化される順序は、弁論の構造と明確に対応していました。18~初期19世紀の作曲家たちや理論家たちはこのことを認識し、この考え方について詳細に説明し、音楽の諸形式と雄弁術の諸形式との対応関係を主張したのです。(著者による「日本語版への緒言」より)

目次

日本語版への緒言

序 章 音楽形式とメタファー

第1章 音楽形式のパラドックス
     形式の生成論と規範論
     ソナタ形式と定義の限界
 
第2章 修辞学と18世紀における音楽形式の概念
     修辞学と18世紀美学の実践的傾向
     言語としての音楽
     音楽の文法と音楽の修辞学
     修辞学と作曲プロセスの理論
     旋律と形式の主題的基盤
     ジャンル、形式的慣習、個人的才能

第3章 19世紀以降の形式メタファーにおける継続と変化
     19世紀における修辞学的比喩の継続
     有機体のメタファーと音楽形式のパラドックスの出現
     三つの事例研究:レイシャ、マルクス、シェーンベルク
  
第4章 修辞学と器楽の自律性
     修辞学と「楽想」
     修辞学と18世紀後期・19世紀初期の分析

第5章 修辞学と大規模形式の分析における聴き手の役割
     聴き手志向の形式理論
     プロットを聴く:形式的原型の修辞学
     音楽的弁論の分析:ハイドンの交響曲 第46番 ロ長調の第1楽章  


訳者による付論「本書の理解のために」
訳者後書き

文献表
索引

商品詳細

発売日 2018/6/30
ページ数 368
ISBN 9784276101630
楽器 書籍