㈱春秋社

西洋音楽史再入門 4つの視点で読み解く音楽と社会

商品情報にスキップ
1 Translation missing: ja.general.slider.of 1

㈱春秋社

西洋音楽史再入門 4つの視点で読み解く音楽と社会

通常価格 3,190 (税込)
通常価格 セール価格 3,190 (税込)
セール

icon 【3/21(木)15時まで】990円以上で送料無料

残りわずか
通常翌営業日出荷
教科書的な音楽の歴史はもう古い!? 音楽と社会の関係性に着目し、「楽譜」「楽器」「人」「場と機能」の4つの視点から西洋音楽史の流れを読み解く新たな「入門書」。長年にわたり音大で教鞭を執ってきた著者による、音楽史再編の意欲的な試み。

村田 千尋  むらた ちひろ
1955年、東京生まれ。東京大学文学部美学科、国立音楽大学大学院音楽研究科(音楽学)に学ぶ。弘前大学講師、北海道教育大学教授を経て、現在は東京音楽大学教授(大学院博士課程担当)。シューベルトを中心に18・19世紀のドイツ歌曲を研究課題とし、同時に、音楽教育(学校教育および専門教育)のあり方に関心を持っている。主な論文に「芸術リートの成立1~4」(『音楽学』28~31)、主な著訳書に『シューベルトのリート』、『音楽の思考術』、『シューベルト』、W.デュル著『声楽曲の作曲原理』(いずれも音楽之友社)などがある。

商品詳細

発売日 2016/7/15
サイズ A5
ページ数 320
ISBN 9784393930335
楽器 書籍
1 / 8