商品情報にスキップ
1 translation missing: ja.general.slider.of 1

㈱リットーミュージック

読んで、訳して、語り合う。都甲幸治対談集

通常価格 1,650 円(税込)
通常価格 セール価格 1,650 円(税込)
セール 売り切れ

在庫ゼロ


内  容

西加奈子絶賛!『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』翻訳者、初の対談集が登場

『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』の翻訳で知られる都甲幸治が、作家、翻訳家、研究者たちと村上春樹から世界文学までを縦横無尽に語りまくる!
さらに、語りおろしとして、芥川賞作家・小野正嗣との特別対談を収録。お互いの作品についてのコメントから、二人の学生時代までを本邦初公開!

【CONTENTS】
■いしいしんじ「越境する作家たち」
■岸本佐知子「翻訳家ができるまで」
■堀江敏幸「文芸で越境する」
■内田樹、沼野充義「村上春樹の“決断”」
■芳川泰久「『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』をめぐって」
■柴田元幸「アメリカ文学の境界線」
■藤井光「マイノリティ、メタフィクション、現代小説のリアル」
■星野智幸「世界とマイノリティ」
■小野正嗣「わたしたちが大学生だったころ」



著者 プロフィール

都甲 幸治(とこう こうじ)

1969年福岡県生まれ。翻訳家、早稲田大学文学学術院教授。著書に『狂喜の読み屋』(共和国)、『生き延びるための世界文学』、『21世紀の世界文学30冊を読む』(以上、新潮社)、『偽アメリカ文学の誕生』(水声社)、訳書にジュノ・ディアス『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』(共訳、新潮社)、スコット・フィッツジェラルド『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』(イースト・プレス)などがある。

商品詳細

発売日 2015/10/9
ISBN 9784845626519
楽器 書籍
1 / 8