㈱リットーミュージック

ムック ギター・マガジン・レイドバック Vol.12

商品情報にスキップ
1 Translation missing: ja.general.slider.of 1

㈱リットーミュージック

ムック ギター・マガジン・レイドバック Vol.12

通常価格 1,760 (税込)
通常価格 セール価格 1,760 (税込)
セール

icon 【3/21(木)15時まで】990円以上で送料無料

残りわずか
通常翌営業日出荷
あの頃、ギター・ヒーローになりたかった
すべての大人ギタリストへ
ギター・マガジン・レイドバック第12号

◎表紙・巻頭インタビュー 
桜庭ななみ
2023年3月に公開される映画『有り、触れた、未来』に元バンドマン役で主演する女優の桜庭ななみを表紙巻頭でフィーチャー。役作りのためギターを猛練習したという彼女にギターについて、音楽について、映画について聞く。

◎特集1
リッチー・ブラックモアは70年代が最高!
1960年代後半、レッド・ツェッペリン、クリーム、ジェフ・ベック・グループ、ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスがハード・ロックの礎を築いていった。しかし続く1970年代、それらのバンドが継続することはなく、唯一残ったツェッペリンですら1970年代後半は活動が停滞気味となる。しかし当時のハード・ロックを求める我々にはリッチー・ブラックモアがいた。リッチーはディープ・パープルで独自のハード・ロック・スタイルを確立したのち、同バンド脱退後に結成したレインボーでも一貫して演奏の軸はハード・ロック、常にアルバムやライヴで我々を刺激し続けてくれた。僕らはそんなリッチーに痺れた。そんなリッチーに憧れた。リッチー・ブラックモアになりたかった。今回はリッチーの爆進が始まる1970年作のディープ・パープル『イン・ロック』からレインボーが『ダウン・トゥ・アース』をリリースした1979年まで、最高に輝いていた「1970年代のリッチー・ブラックモア」の魅力を改めて噛み締めてもらおう。

◎綴じ込み年表
70年代リッチー・ブラックモア・クロニクル+周辺人脈クロニクル

◎特集2 
追悼 ジェフ・ベック
ジェフ・ベック。本名Geoffrey Arnold Beck。1944年6月24日に生まれた彼は、実に50年以上に渡って音楽とギターの可能性を広げ続けたが、去る2023年1月10日、細菌性髄膜炎に羅漢した結果、78歳でその生涯を終えたことが伝えられた。その唐突な別れにいまだ心の整理がつかないレイドバック読者も多いことだろう。今回はジェフ・ベックが少年期も振り返って語る2009年のインタビュー、そして20人のプロ・ギタリストたちからの惜別の言葉の数々で、偉大なるギタリストへ追悼の意を捧げたい。

◎特集3
鈴木茂が試奏!レイドバック世代として恥ずかしくないシールド・ケーブル選び
長年ギターを弾いているレイドバック世代だが、歪みやワウなどエフェクターにはこだわって何個も買い揃えるのに、案外シールド・ケーブルは後回しにしている人も多いだろう。しかし、人と人の繋がりの重要さを経験してきたレイドバック世代は本当はわかっているのだ、ギターとアンプ/エフェクターとの繋がりをおろそかにしてはいけないことを。いい音を出すにはシールド・ケーブルこそがとても大切なのだということを。人生も後半、そろそろいいシールド・ケーブルを使ってしっかりと繋がった音を出してみないか。注目の機種を鈴木茂の試奏コメントとともに紹介する。

◎レイドバック・ルポ
1969年の竹田和夫
日本を代表するギタリストの一人である竹田和夫。16歳でプロ活動を開始し、1969年にはブルース・クリエイションを率いてデビュー・アルバムを発売する。洋楽仕込みの本格的なブルース・フィーリングと卓越したギター・テクニックは当時から群を抜いていたが、日本のロック史においては過小評価されていることは否めない。70年代には「スピニング・トー・ホールド」等でブレイクする竹田だが、60年代末のニューロック台頭期におけるブルース・クリエイション=竹田和夫とはどんな存在だったのか。本人インタビューや様々な証人の言葉をもとに明らかにする。

◎レイドバック・セミナー
ブルース・ロックに役立つスケール練習?ブルー・ノート・スケール編
レイドバック世代がギターに目覚めた多感な頃に散々やったであろうスケール練習に改めて取り組んで、もう一度ギターの演奏スキルを鍛え直してみよう! 今回は作り出せるブルー・ノート・スケール。

◎レイドバック・セミナー
ギターにまつわる“まことしやかな話”の真実
その2 良いギターとは何か?
長いことギターを弾いていると、ギターに関する嘘か本当かわからないような話を耳にすることがある。いわく弦は煮ると復活する、いわく演奏後、弦はゆるめないほうがいい・・・・・・。果たしてこれらは本当なのだろうか。ギタリストが誤って思い込んでいるかもしれないそんな“まことしやかな話”を検証していく第2弾は“良いギター”の定義について。

◎レイドバック・セレクション
「紫の炎(BURN)」ディープ・パープル
※電子版には収録されておりません。

好評連載
・ビンテージ・ギター・カフェ
・にっぽんのリペアマン紳士録 
・よっちゃんのギターいじりism 野村義男
・あの頃、ライヴ盤でごはん3杯 
・定年後に聴きたいおニューミュージック
・イマ会いに行けるご当地トリビュート・バンド
・洋楽ディレクター地獄の回想


※企画は予告なく変更されることがあります。

著者 編集部

商品詳細

発売日 2023/4/1
ページ数 114
ISBN 9784845638758
楽器 雑誌・ムック
1 / 8