東京ハッスルコピー

【スコアのみ】バンドの為の奇想曲

商品情報にスキップ
1 Translation missing: ja.general.slider.of 1

東京ハッスルコピー

【スコアのみ】バンドの為の奇想曲

通常価格 2,200 (税込)
通常価格 セール価格 2,200 (税込)
セール

icon 【3/21(木)15時まで】990円以上で送料無料

残りわずか
通常翌営業日出荷
作曲:佐藤泰将

・内容:スコア(A4)
・演奏時間:約6分10秒
・発売日:2023年2月26日


編成

Flute(Piccolo) 1,2
Oboe
Bassoon

B♭ Clarinet 1,2,3
B♭ Bass Clarinet

E♭ Alto Saxophone 1,2
B♭ Tenor Saxophone
E♭ Baritone Saxophone

B♭ Trumpet 1,2,3
F Horn 1,2,3
Trombone 1,2
Euphonium
Tuba
String Bass

Timpani
Percussion 1 (Xylophone / Vibraphone / Glockenspiel)
Percussion 2 (Cymbals / Triangle / Suspended Cymbal)
Percussion 3 (Snare Drum / Triangle)
Percussion 4 (Bass Drum / Castanets)


解説

奇想曲とはイタリア語で【カプリッチョ(Capriccio)=気まぐれ・ごちゃ混ぜ】という意味合いの楽曲を指します。
この様式は、主にメンデルスゾーンなど19世紀ロマン派時代の楽曲(主に鍵盤楽曲)に多く見ることができますが、その歴史は古く17世紀バロック時代にもこの様式を遡ることができます。
この曲は単に思いのままに「気まぐれ」に作曲したのではなく、調性感や形式に一定の規則性を持たせるため古典的手法であるソナタ的な形式を取り入れました。
曲の主部は、比較的テンポの速い舞曲風の6/8拍子と、短調的なエオリアの音階を用いたスペイン風の旋律を組み合わせています。
中間部から再現部にかけては序盤のモチーフを用いながら様々に展開して行きます。
もしかしたら「バンドのための舞曲的奇想曲」の方が曲名として適切なのかもしれませんね。
とは言っても私が一番表現したかったのは人間の「喜怒哀楽」です。
あまり細かいことは気にせず、移り変わる曲調を楽しんでいただければ幸いです。(佐藤泰将)

収載曲

【スコアのみ】バンドの為の奇想曲
  作曲: 佐藤泰将

商品詳細

発売日 2023/2/27
サイズ A4
ISBN 9784865444049
楽器 スコア
作曲者 佐藤泰将
1 / 8