東京ハッスルコピー

ピアノとうたおう やさしいソルフェージュ

商品情報にスキップ
1 Translation missing: ja.general.slider.of 3

東京ハッスルコピー

ピアノとうたおう やさしいソルフェージュ

通常価格 1,650 (税込)
通常価格 セール価格 1,650 (税込)
セール

icon 【3/21(木)15時まで】990円以上で送料無料

残りわずか
通常翌営業日出荷
1.初見視唱の課題として
「初見」は、ソルフェージュの中でも最も重要なものの一つです。演奏する前に読譜の時間を設け、音を出さずともその音楽が聞こえてくるようにしていきます。音程だけではなく音以外の情報にも目を向け、イメージを膨らませてください。直観的にその作品のスタイルが感じ取れるよう、普段から様々な音楽を鑑賞し、意識的に読譜をしてみましょう。

2.アンサンブルの課題として
先生と、あるいは友達とアンサンブルを楽しんでください。お互いの音を聞き合い、作品を作っていきます。歌のパートをヴァイオリンやフルートなどの楽器で演奏しても面白いでしょう。

3.弾き歌いの課題として
自分でピアノ伴奏を弾いて、歌ってみます。自分の歌とピアノを調和させ、両方を音楽的に表現してください。

4.移調の課題として
平易な部分を移調して演奏してみます。ハ音記号やスコアを読む導入として効果的です。

5.発声練習の課題として
「コールユーブンゲン」や「コンコーネ」のような教材としても用いることができます。ヴォカリーズで歌ってもよいでしょう。

もちろん、最終的には音楽作品としての完成度を高めていってください。「一度演奏したから終わり」というような取り組み方ではなく、演奏して出来なかった部分は繰り返し練習してください。また、上記のような多角的なアプローチから、楽譜を読み音楽を表現する方法を学んでいってください。


刊行に寄せて ー 編集責任者 森山智宏

本書は、一般社団法人 日本作曲家協議会の会員である、市川景之、今村央子、岡島礼、久行敏彦、森山智宏の5名により作曲された、ピアノ伴奏付きの視唱テキストです。ソルフェージュ学習の導入から応用まで、幅広く活用できるように編纂されています。

「ソルフェージュ」というと、どこか機械的で無味乾燥なトレーニングのイメージがあるかもしれません。もちろん基礎的な練習はとても大切ですが、そこに集中してしまうと、音楽の喜びとはかけ離れたものになってしまいます。
このテキストでは、自然に無理なく歌える旋律を作曲することを心掛けました。音楽の学習は、まず「歌う」ことから始まります。自然なフレーズと和声進行があり、生き生きとしたリズムがある、というような作品を歌うことで、音楽を表現する喜びを感じてもらいたい、という思いがあるからです。
その歌に、ピアノ伴奏が付きます。これは単なる伴奏ではなく、その作品の和声を支える重要なものです。同時に、大切なアンサンブルの相手でもあります(例え弾き歌いであっても)。豊かな音感は、その響きの調和に耳を傾けることで育まれていきます。

このテキストが末永く愛奏されることを、執筆者一同心から願っております。

収載曲

【スコアのみ】天上の花束
  作曲: 山中千佳子

商品詳細

発売日 2023/3/23
サイズ B5
ISBN 9784865444063
楽器 ソルフェージュ・聴音他
1 / 8