おぺら読本出版

おぺら読本対訳シリーズ 75 皇女フェドーラ

商品情報にスキップ
1 Translation missing: ja.general.slider.of 1

おぺら読本出版

おぺら読本対訳シリーズ 75 皇女フェドーラ

通常価格 2,970 (税込)
通常価格 セール価格 2,970 (税込)
セール

icon 3,300円以上で送料無料

残りわずか
通常翌営業日出荷(取り寄せの場合は目安7~14日)
作曲:ウンベルト・ジョルダーノ 2021年4月5日 初版刊行

アンドレーア・シェニエの大成功に気を良くしたウンベルト・ジョルダーノは、20世紀初頭の世界的舞台女優サラー・ベルナールがサルドゥの戯曲「フェドーラ」を演じ世に知らされるや、ジョルダーノは一気にオペラ作品として仕上げ、1898年ミラーノのテアートロ・リーリコで初演された。サンクトペテルブルクの皇女フェドーラが婚約者ウラディミーロ・アンドレイエヴィッチ伯爵を無政府主義者たちに殺害され、その復讐に燃えるという興奮させる筋書きは圧倒的に受け入れられた。フェドーラは殺人犯ローリス・イパノーフ伯爵の自白を導き出し、罪を白状させるが、先に発砲したのは婚約者ウラディミーロの方でローリスは自己防衛のため発砲した事実を知ることになる。さらに、この発砲には女性を絡めたさらなる複雑な原因が存在し、この事実を知ったフェドーラの心に、母性をくすぐる愛が芽生え、あろうことか、ふたりはフェドーラのスイスの別荘で愛の生活に入る。しかし、ローリスの母と兄が、フェドーラの密告により虐殺された事実を知ったローリスの激情を前に、服毒自殺を図るという悲劇。

3幕仕立で、第1幕はサンクト・ペテルブルグ、第2幕はパリ、第3幕はスイスを舞台に設定し、ロシアの警察官吏、フランス大使館の外交官、ポーランドのピアニスト(スパイ)、ロシアから亡命した伯爵夫人など飽きさせる事のない登場人物と舞台構成で観客を引き付けて放さないグランドオペラである。

商品詳細

発売日 2021/4/5
サイズ A4
ISBN 9784910436036
楽器 書籍
1 / 8