カワイ出版

大場陽子:定番!!昭和あたりのヒットソング 混声合唱ピース 「若者たち」

商品情報にスキップ
1 Translation missing: ja.general.slider.of 1

カワイ出版

大場陽子:定番!!昭和あたりのヒットソング 混声合唱ピース 「若者たち」

通常価格 770 (税込)
通常価格 セール価格 770 (税込)
セール

icon 3,300円以上で送料無料

取り寄せ
目安:7~14日
1966年にテレビドラマ「若者たち」の主題歌として作られ、以後、大ヒットとなった昭和のヒットソングの一つ。ザ・ブロードサイド・フォーが歌った。1970年代に入り小学校や中学校の教科書にも掲載され、子供たちにも広く浸透。いろいろな歌手にカバーされているが、2014年にドラマがリメイクされた時にも主題歌として使われ、その時は森山直太朗によりカバーされた。若者への応援ソング。

<まえがき>

 この曲は、戦後まもなく生まれた「団塊の世代」と呼ばれる人々が青春を過ごした1960年代に、連続ドラマとして放送された「若者たち」の主題歌として誕生しました。
 
 当時、フォークグループ「ザ・ブロードサイド・フォー」により歌われ大ヒットしたこの歌は、2014年にリメイクドラマとして放送された際、森山直太朗がカヴァーしたことによってさらに幅広い世代に知られることとなり、今でも多くの人々に歌われている名曲です。
 
 今回は混声四部合唱版として編曲しましたが、35小節目から43小節目の部分は、「はてしなく遠い」道を歩き始めた若者に「希望の光」が見えてきた様子を思い描いて表現していただければと思います。

大場陽子

商品詳細

発売日 2019/8/1
サイズ A4
ページ数 12
JAN 4962864924488
ISBN 9784760924486
楽器 合唱