カワイ出版

松下耕 谷川俊太郎の詩による子ども(女声)のための合唱曲集 生きる今日 夢見る明日(あした)

商品情報にスキップ
1 Translation missing: ja.general.slider.of 1

カワイ出版

松下耕 谷川俊太郎の詩による子ども(女声)のための合唱曲集 生きる今日 夢見る明日(あした)

通常価格 1,870 (税込)
通常価格 セール価格 1,870 (税込)
セール

icon 3,300円以上で送料無料

残りわずか
通常翌営業日出荷(取り寄せの場合は目安7~14日)
作曲:松下 耕
作詩:谷川俊太郎
A4判/56頁
グレード:中級
演奏時間:約19~20分 
ISBN 978-4-7609-2589-6


谷川俊太郎の「児童詩」に作曲された5曲。平易な言葉の中に生きる希望を与えてくれる、歌いごたえのある曲集。演奏会はもちろん、コンクールにも最適。

1. すき     (3’50”)
2. いのち    (3’40”)
3. いま  (3’40”)
4. 未来へ    (4’25”)
 ※ショートヴァージョン(3’45”)
5. ひとりひとり (3’30”)



<まえがき>

 ここ数年、私は子どものための曲を書く機会が激増した。自分で、児童合唱団を持った、ということもあるが、それだけでなく、何故か最近、子供の合唱と関わる機会が増え、同時に、様々なことを学ばさせてもらっている。
 この曲集は、ここ数年間に子ども達のために書いた曲を集めたものである。テキストは、すべて谷川俊太郎さんの詩によっている。
 全ての曲は、小学校の合唱部のために書いたもので、初演はどれも、コンクールの自由曲として演奏された。

 以下、1 曲ずつ、簡単に初演情報と内容を記しておく。

《すき》
 委嘱初演・熊本県山鹿市立山鹿小学校合唱部、2014年の合唱コンクールにて。
 『すき』という言葉の持つ明るさとパワーを音化。すき、という心躍る感覚、浮き浮きした気分を、思う存分爆発させていただきたい。

《いのち》
 委嘱初演・東京都目黒区立中目黒小学校合唱団、2019年の合唱コンクールにて。
 凄まじい生命力を持った詩である。大いなる地球への崇高な讃歌。強烈なビートが醸し出すグルーヴ感を全身で楽しんで、自由な表現をしてほしい。

《いま》
 委嘱初演・熊本県山鹿市立山鹿小学校合唱部、2017年の合唱コンクールにて。
 これほどまでに『家族』という共同体を端的に、そして鮮やかに表した詩が他にあるだろうか。私は最近、『家族』という単位は不思議だとつくづく思っている。いったい、どういう家族が「幸せ」で、どういう家族が「不幸せ」なのだろうか。ウチはうまくいってない、と思っていても、実は幸せ、という家族もあるだろうし、「幸せ」を装っていても、本音で語れない家族もあろう。このあたり、実におもしろい。『家族』の持つ、素晴らしさ、そしてペーソスとを引っ括めて、爽やかな風のような音楽に落とし込んでみた。

《未来へ》
 委嘱初演・東京都町田市立鶴川第二小学校合唱部、2018年の合唱コンクールにて。
 この壮大なスケールの詩は、子どもや、若者に対する詩人からの、愛情あふれる大きなプレゼントである。私は、この曲をブダペストで、リスト音楽院とコダーイ博物館のホールを使わせてもらって、数日間で書き上げた。ブダペストの街並みと、二つのホールの素晴らしいピアノが、私のイマジネーションを豊かにしてくれた。

《ひとりひとり》
 委嘱初演・熊本県山鹿市立山鹿小学校合唱部、2016年の合唱コンクールにて。
 この曲は、子ども達に限らず、大人も含めて人間に対する『生きることへの讃歌』である。
『個性』の発露と認容が、いかに大事か。それを、この歌はうたう。人間である限り、個人の主体性はリスペクトされるべきであり、また、そういう世の中になってほしい、という作者二人の願いが込められている。

 最近、子どもらしくない小学生、中学生や、目標を見失った大学生らを多く目にする。まず、一個人としてのアイデンティティを育てる場、それが学校であったり、社会であったりして欲しいものだ。
 曲は、終始躍動するリズムに乗って疾走する。この曲で、心と体を開放し、自分に出会い、堂々と自分を主張してもらえれば嬉しい。
松下 耕

谷川俊太郎 作詩 松下耕 作曲

収載曲

[1] すき
[2] いのち
[3] いま
[4] 未来へ
[5] ひとりひとり

商品詳細

発売日 2021/4/1
サイズ A4
ページ数 56
JAN 4962864925898
ISBN 9784760925896
楽器 合唱
1 / 8