合同会社ミューズ・プレス

マルク・ブシュコフ:幻想曲 ≪バンドゥーラを手にすれば≫ & メロディ(ヴァイオリン独奏のために)作品2

商品情報にスキップ
1 Translation missing: ja.general.slider.of 1

合同会社ミューズ・プレス

マルク・ブシュコフ:幻想曲 ≪バンドゥーラを手にすれば≫ & メロディ(ヴァイオリン独奏のために)作品2

通常価格 2,200 (税込)
通常価格 セール価格 2,200 (税込)
セール

icon 【3/21(木)15時まで】990円以上で送料無料

取り寄せ
目安:7~14日
幻想曲 ≪バンドゥーラを手にすれば≫ ~ヴァイオリン独奏のために~ Op. 2, No. 1
『幻想曲 ≪バンドゥーラを手にすれば≫ ~ヴァイオリン独奏のために~』は、2014年と、そして2015年にワシントンD.C.にあるウクライナ大使館のために演奏した委嘱作品でした。マイダン革命とロシアによるクリミア併合後のことです。私はリヴィウ(ウクライナ)出身の家族の側で、ロシア語を話しながら、姉妹国であるはずの2つの国の文化を共有して育ちました。

最初に思いついたのは、子供の頃に聞いたウクライナの民謡≪バンドゥーラを手にすれば(Взяв би я бандуру)≫ を曲のベースにすることでした。 バンドゥーラはウクライナの代表的な撥弦楽器であるので、短めの「導入部」の後の主旋律は、左手の小さなピチカートで伴奏されます。続く民俗舞踊的な性格を持つ「第1変奏」では、演奏者の笑いを誘うような要素も盛り込まれています。「第2変奏」では、W.エルンストの≪「夏の名残のばら」による変奏曲≫の第2変奏のようなアルペジオで始まった後、主題から離れて、政治的、人道的な状況に対する私の感情をもう少し深く掘り下げています。そこでは、≪怒りの日≫の意味深な引用やバッハのシャコンヌが聞こえてきます。ウクライナの人々が悲惨な事件の後に鎮魂歌として使った≪ティッサに浮かぶアヒル(Пливе Кача По Тисинi)≫という歌に深く感動し、第2変奏に続く楽章では、これも引用することにしました。

メロディ ~ヴァイオリン独奏のために~ Op. 2, No. 2 (ドーラ・ヴァイツナーのために)
ドーラ・ヴァイツナーは、私が幼少期から良く知る2013年の旅立った曾祖母です。彼女は、1939年から1945年の世界戦後、大家族の中でたった一人生き残った人でした。ドーラは、家ではみんなが大きな声で感情的になっている中、いつも歌っていましたようです。彼女はいつも私に、家庭や家族の争いはすべて取るに足らないことで、大事なのは健康であることと、愛することができることだと言っていました。私はいつもそのイディッシュ語の鼻歌のようなメロディーを聴きながら、彼女が何を言いたいのか理解しようとしていました。この ≪メロディ≫で、私は彼女への小さなお別れの言葉を綴ることにしたのです。

商品詳細

発売日 2023/9/11
サイズ 菊倍
JAN 9790707804247
ISBN 9790707804247
楽器 ヴァイオリン
1 / 8