(株)ミュージックエイト

QC147 吹奏楽コンサート ドリフずこっけ大集合

商品情報にスキップ
1 Translation missing: ja.general.slider.of 0

(株)ミュージックエイト

QC147 吹奏楽コンサート ドリフずこっけ大集合

通常価格 6,490 (税込)
通常価格 セール価格 6,490 (税込)
セール

icon 【3/21(木)15時まで】990円以上で送料無料

取り寄せ
目安:7~14日
アーティスト: 編曲者:小島里美

グレード:3 キー: 演奏時間:7分30秒

主要テンポ:160 TP最高音:ソ五線外 ソロパート:

いまの若いひとには、毎週土曜夜8時の「8時だヨ!全員集合」(TBS)が、いかに凄まじい人気があったか、想像もつかないであろう。放映は1969?85年の長きにわたり、視聴率は平均27%、最盛期には50%突破というお化け番組であった。こうなるとTVのある家はほとんどが見ていたといっても過言ではない。
いうまでもなくこの番組は、ドリフターズによるコントと歌のバラエティ番組。しかも毎週生放送だった。初期には加藤茶の「くるりと回ってうんこチンチン」、故・荒井注の「なんだバカヤロー」などが流行したが、なんといっても後期の「ちょっとだけよ。あんたも好きねえ」(加藤茶)、「カラスの勝手でしょ」(志村けん)などは国民的ギャグとなったものだった。終始、教育団体から“有害番組”に指定されていたことはいうまでもない。
本曲は、その番組から生まれた人気曲やBGMなどをつないだメドレー。
登場曲名は、順に、オープニング~ドリフ音頭(北海盆歌)~ぼん回り~ちょっとだけよ(タブー)~ゴー・ウエスト~ミヨちゃん~ドリフのズンドコ節~東村山音頭~ヒゲダンス(DOME)~ドリフの大爆笑(隣組)~ビバノン音頭(いい湯だな)。番組のオープニングからエンディングまでをそのまま再現した、見事な構成になっている。
もう番組終了から四半世紀たっているので、30歳以下の方が聴いても、このメドレーのどこが面白いのか、おそらく理解できないと思われる。その際は、周囲のオジサンオバサンにお尋ねください。(富樫鉄火、「Japanese TV Graffiti」ライナーノーツより)

編成:Cond / Pic / Fl1 / Fl2 / Ob / EsCl / Cl1 / Cl2 / Cl3 / A.Cl / B.Cl / Bsn / S.sx / A.sx1 / A.sx2 / T.sx / B.sx / Tp1 / Tp2 / Tp3 / Hr(inF)1.3 / Hr(inF)2.4 / Tb1 / Tb2 / Tb3 / Euph(T.C) / Euph(B.C) / Tuba / St.Bs / Drs / Perc1 / Perc2

使用Percussion:Drs / (Perc1)Xylo、Glck、あたり鉦、C.bell、Gong、Claves、Vib-slap、S.Cym / (Perc2)Whistle、Guiro、Tamb、Timp、Bongo、Vib、Conga、Cabaza

商品詳細

発売日 2004/7/14
JAN 4533332821471
ISBN 9784840019514
楽器 吹奏楽
1 / 8